2015年01月30日

あっ 雪だ

ありがとう大阪

ありがとうスギムさん

ありがとうGEAR

ありがとう北堀江Vijon

ありがとう参加してくれた皆さん

少しづつですがイベントが前進
してきている実感があります
その証拠にまだお酒とカレーがカラダから抜けきっておらずその余韻に心地良い苦しみを覚えています

あたたくなったら また やりましょう


次の"NG"は3月6日(金) 2年ぶりの
東京ワンマン  mothercoatの過去と
今と未来を どうかちょと無理してでも
確認しにきて欲しいなと思ってます

勿論 終わったらそのまま飲み会に突入しますよ



posted by ギガディラン at 07:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

不適切な格言

果たして不快に感じるというのは
他人の問題なのか 自分の感受性の問題なのか

そもそも そういうつもりではないと本人が言ってる(思ってる)
ことに対して傷ついたり不快に感じたりする必要はないというのが
僕の持論であるし 世の中の大半の人はそうであると思ってるんだけど
こうも一部の人たちが国民の代表かのように
行動や発言の適切 不適切を判断しメディアがまたそれを切り売りしている
のを見ると 僕とて不快感を覚えたりもするのだが 
それもまた僕の感受性の問題でけっしてその人たちのせいではないのである
そういうループが生活の中にたくさんあって 結局のところそのループに
合わせてどれだけ楽しく踊れるかってことであり 踊ってるうちに
どんなことでも笑えてくるものである

とは言え 謝らないといけないことなんて そんなに多くないと
僕は思うけどね

ごめんなさいの何倍ものありがとうの海を泳いでいる事に
人は案外気づかないものだ   


とりあえず 来週の水曜日 関西方面にお住まいの方は
大阪 北堀江vijonに集合です 

怪我さえしなければ 何やってもいいし どんな発言してもいい夜です
それがmothercoat presents " N G "の理想のカタチですから
今回は新年会SPとして クリトリック リスことスギムさんを迎えての
2マン 見逃してもらいたくない 
心からお待ちしてますよ!!!!!

2015年1月28日(水) 北堀江vijon
"N G vol.4"新年会SP
act/mothercoat/クリトリック・リス
food/GEAR CURRY (餅が入ってるかもよ)
open/19:00
new year party/21:30~
adv/\2000+1drink
チケット購入はe+かローソンでP-CODE 250-243 / L-CODE 56345
チケット取り置きはhttp://www.mothercoat.com/ja/tour/upcoming まで








 
posted by ギガディラン at 01:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

mongoloops

さっき ある相談をしに深谷市役所に
アポイントも取らず急に訪れた僕らの
急なお願い事に秘書課の方々が快く
耳を傾けてくれた

その際 深谷について歌ってる曲とか
あったりするんですか?と聞かれ
わかりやすく 歌っているような曲は
ないのですが、、、 と答えた

実は 昨日 たまたまそういう歌詞が出来たのです
こういう事を導かれるように書いてしまうのは
それだけ ここでの暮らしを愛しく思えるからなのでしょう


mongloops

深い谷を 広げて
謹んで今を 包み込んだ

19℃前後を見繕って
ほとぼり保ち 春を待とう

菜の花に 季節を委ねて
都会はずれの 香りに釣られ
カントリーマアムの 歯応えの様な
湿り乾いた 春を待とう

雨ざらしの 自転車に乗って
期待はずれの 風を切れば
羊がかった草原の 眼差しを
体に浴びて 春を待とう

無い知恵を 雑巾で拭いて
夢のお供に 搾り出せば
吹き下ろし立ての 赤城山の貫禄に
背中を押され 春を待とう

凍る凡地に 種を蒔いて
アルコール混じりの 水をやれば
屍を全て飲み込んだ 土の青さに
計り知れない 春を待とう
posted by ギガディラン at 19:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出鼻は壮大に挫かれた

何かと年末年始は悪い方に賑やかである

今日の事である 僕は1人 居間で歌詞を書いていた
ジュンペイを迎えに行っていたジュンのステップワゴンが
帰って来た音がして
機材を設置するのを手伝おうと下に降りようとしたら
玄関にハママイからの年賀状があって

image.jpg

嬉しいなあと 読んでたら
窓の外からガシャンという音が

飛び出して行ったらトキロックとフクの乗った
ワゴンRがホンダフィットとガレージの前で
ぶつかっていて トキロックが目撃者の車を
停めて!と叫んでいて 目撃者であろう人が
停まった
僕は相手方の車に行って 怪我はないですか?
救急車は必要ですか?と声を掛ける
乗ってた二人は外国の方だった(後で聞くと
運転していたのはロシア人で助手席に座っていたのは
バングラディシュ人であった)
助手席の方が病院行ったほうがいいと思うと僕に言った
僕が救急車を呼んで ジュンペイが警察を呼んでる間に
目撃者の人は急いでてたのだろうか
どこか行ってしまった

見た感じはどうしたらこんなとこで
こんな事故が起こるんだというぶつかり方で
どうやら ガレージに入れようとしてたワゴンRを
を後ろから来たフィットが停車してると
思って追い越そうとしてぶつかったらしい

結局 目撃者が行ってしまったので当人同士の
見解での報告によって保険の割合を決めることに
なる(そこであまりにも食い違ったら警察の事故検分?
やら何やらを元にややこしい世界の扉を開くことになる)

事故直後はトキロックも興奮気味で相手方に対して
怒りの感情を抱いていて 完全に向こうの過失だろ
という心象であったが いろんな角度からの言葉を
浴びて 自分にも少ならず過失はあったという
認識に変わっていっていた

その様を見て 僕が思ったのは自分の記憶というものは
鮮明な部分と曖昧な部分があって鮮明な部分と鮮明な
部分の間の曖昧な部分を問い続けられると鮮明な部分さえも
自分がそう思いたいから作った記憶の捏造ではないか
とさえ思えてきたりする怖さもあるなと
(今回 トキロックがそうなったという意味ではない
ただ 曖昧な部分が争点となる時 そこばかり突かれると
滅入って冷静な記憶を保てなくなる可能性があるという話)

自分がそのような状況になった時
加害者であれ被害者であれフラットな記憶を
保ち続ける事は人の言葉に耳を傾ける時
そうとう冷静な心持ちで傾けないとな思った次第である

そんなこんなで昨日がmothercoatの2015年の5人初顔合わせ
の出鼻を壮大に挫かれた訳であるが
去年のステップワゴンでの交通事故 フクの自転車での
交通事故を経ての今回 これだけの災難(もちろん自分達の過失もある
)に見舞われているが 致命的な事になっていない事が不幸中の幸い
とは良く出来た言葉で 少なからず幸せを感じている

それと同時にこういった事も 何も起こさず何も起こらず
暮らしてる人達にとっては税金の無駄遣いの一種であると
捉えることも出来なくはなく 大した税金も納めてないのに
寒い中事故検分なりなんなりしてくれた深谷署の皆様並びに
日本の皆様に対しても少なからず申し訳ないなという気持ちがある
(実は警察署でフクの事故の件で今の捜査状況等々を話した
帰りの事故で さっきまで話してたフクの事故担当の人が
来てびっくり 一体どうなっててんだという恥ずかしい状況に
なっていた)


昨日夜は トキロックの心模様が憑依したかのような
赤城山からの吹き下ろしのお陰で空気が澄み切り

今朝は滅多に見えない浅間山が綺麗に見えたのであった

image.jpg


めでたし めでたし







posted by ギガディラン at 14:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

立ち返る為の基本はないが 

音楽を始めた頃 基本なんて くそくらえと
思っていた 基本を学ぶとその時点で
芸術の伸びしろがなくなるとさえ思っていた
(音楽なんてもはややりつくされたと言われても
過言ではなく 今もリバイバルごっこをぐるぐる
やってるみたいな感じもあるのだが 結局 学んだり 
コピーしたりするから 新しいものが作れないんだという
持論を高校生の頃から抱き始めていた故) 

10代 20代と意識だけが高く 生意気で
練習することや人から学ぶ事はバカらしく
自分にしか出来ない何かに向かって去勢を張り
自分の中のアーティストとはこうあるべきだに
しがみつき それに追っ付かない自分の技術から
目を反らし アイデア次第で一発逆転だと
自分を震い立たせ 走ってきた 

僕はコードもなんとなくでしかわかっていないし
ギターのドレミファソラシドがどこを押さえれば
鳴るのかもわかってなく そもそもスケール
っていうものも知らなかったのだが
実は昨年からyoutubeのギターが上手になる方法みたいな
動画を見たりしてギターを練習し始めている 
今はドレミファソラシドレミファソラシドを弾く練習をしていて
細い弦の方にいくととても難しい
ピックでのアルペジオも細い弦にいけばいくほど弾けなくなる 
(大体細い弦達はピックで弾いてると手応えがなさ過ぎて
あるのかないのか分からなくなる)のでイライラする 

歌に関しても ネットで調べたりしていろいろんな発声を
やってみたりするのだがどうやって自分の歌に
反映させればいいのかは 模索中である
つくづくあまりクールな声質じゃないなとたまに嫌になるが
こればっかりはどうしようもない

そして今 若い頃もっと素直に基本を身につけてたらなと
と後悔してるかと言えば 実はそうでもない
基本を身につけてなかったからこその音楽を
曲りなりにも作ってこれた事は一抹の自信となっており 
今はその自信を広げる為に
どうしても技術が必要になってきたことと
上に書いたようなことの担当はフクノスケ(彼は今鎖骨を骨折して
おり果たして今月末のライブでギターが弾けるかどうかの
瀬戸際にいるが、、、)が担うべきだなと感じていて
基本を素直に学ぶという僕に取っての応用の段階に
突入したということである

ただ1つ遅かれ早かれ 何をやるにせよ基本というものは
大事であり 必要不可欠なものだと言う事は
先人達が言う通りだと 今は思える 

いや やっと思えたと言った方がいいだろうか 


あとがき

フクに教えてもらった"fake a fake"のリフ 
すこしづつ弾けるようになってきてます ただ弾きながら歌うのは
至難の業です(レニクラ級) 
 

 
posted by ギガディラン at 00:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

O2

去年の冬 ミックスルーム用に中古の
安いセラミックファンヒーターを買った
何故か静電気が凄くて ヘッドフォンを着けると
バチバチするという現象が起きるのと
昔のセラミックファンヒーター独特の臭いがキツいのと
何よりあまり暖まらないということで(ジュンにプレゼントして)
去年末に石油ストーブを買って 窓に断熱材を貼った(置いた)
こいつはいいなと 気持ち良くミックスをやっていたのであるが

1月2日の夜 何か体の調子が悪いなとは思ってたのだが
夜中に吐き気がして 朝には抜群に体調が悪くなってて

調べたら 完全に一酸化中毒の前兆
危うく 大変な事になってしまうとこだった 

そんなこんなで昨日はかなりグロッキーな状態で
トキロックの実家でお父さんが用意してくれた
ご馳走を残してしまった上に寝込んでしまったり
(トキ父ががんがん日本酒を注ぐのでとどめを刺された感もある)
行く筈だったミシェルゴンドリー展も行けず
how to count one to tenのベースの和田ちゃんと和田夫妻
のパーティーでもお酒を飲めず(それでも 和田夫妻の赤ん坊
丈太郎を囲んで 丈太郎が起きないようにセッションする
という不可思議な遊びはとても楽しかったのである)
和田家にはまた遊びに行きたいな

とにかく どんな美味しいもの
どんな 楽しい状況でも体調が悪くては
味わえないということ 申し訳なく情けない

昨日は悲しいかな 薬屋で買った 
濃縮酸素が一番美味しかった

そして今日 新しいセラミックファンヒーター買った
小さくてそこそこパワフルなの
こいつで 空気と気持ち入れ替え 

image.jpg

今日も1歩進んだ  

生きててよかった  

posted by ギガディラン at 03:56| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

羊の如く

皆さん 明けましてめでとうございます
新年からギガディラン少し焦り気味です
やばいもう1日が終わってしまったという感覚に
襲われています 正月気分で酔っぱらってるトキロックとジュン
を瞬間的に疎ましく思ってしまう場面もあるくらいに

1日は陽が昇る前に近所の世良田東照宮で初詣
image.jpg

おみくじは末吉 夢はことごとく消え去ると書いてあったのが印象的であった
パンクスの僕にはノープロブレム
image.jpg
やけに商売ッ気たっぷりのおみくじ場であった

去年 溜め込んだバンド業務をこの正月にまとめてやって
しまおうという僕の目論みは微笑ましいものなのだが
一気にやることが見えている上にどれもこれも急務で
順番が付けづらく とりあえず手当たり次第やっております
(なにせ順番付けに2,3時間かかりそうなもんで...)

image.jpg

そして密かに今年は毎日ブログを書いてやろうと思っていた
(去年は途中まで書いてて疲れてUPせず寝てしまった事多し)
にも関わらず 昨日 書けなかった事で 出鼻をを挫かれ
今日のブログのテンションに少し負のニュアンスが包まれていること
どうかお許し下さいませ

多かれ少なかれ人は憧れがあったり こうありたいであるとか
こう見られたいというものがあり 僕自身気分によって
場面場面で違う言動をしていたりする 自分の素というものが
実際 どういったものなのか正直掴めておらず ずっと嘘っぽいし
ずっと本当のような感覚の中で自分に常に飽きているのである
今の自分いいなと なっても このままでいようとは思わないのである
もしかすると 人からみたら分かりづらい人に見えてるかもしれないが
分かりやすく言うと ギガディランというのはただの拘りのない人で
その拘りのなさに拘ってしまったのがmothercoatの音楽なのかもしれない
と今日の僕は思っている 

そしてそんな僕は今 より羊っぽく振る舞う事に夢中であり
その僕はミックスしている曲は独特の臭みと包み込むような
温かさがあるサウンドに仕上がってきていると思われ
皆 楽しみにしてて下さい

今年は4月まで日本であまりライブやらない(やれない)んだけど
自主企画は大阪 東京と2本やるので是非 今から予定空けといて
欲しいです 

それでは皆様 こんな僕ですが

image.jpg

今年もどうぞ誤支援 誤鞭撻のほどよろしくお願いします!!!






2015_01_28_水 @ 北堀江 club vijon(大阪)
mothercoat presents ' N G ' vol.4 新年会SP
open/start/act: 19:00/19:30/20:25
adv/door: \2000/2000+drink
guest : クリトリック・リス
food : GEAR(餅入り?カリー)
チケット:
【L-CODE:56345】
※11/30 プレイガイド発売開始!
※after partyのドリンク代は、1drink/¥400、3drink/¥1000、飲み放題/¥2000
※前回開催時のチケット半券提示で、after partyの最初のドリンク1杯無料
※mothercoat予約にてご来場の方はメンバーズカードのスタンプ2倍押し
http://www.mothercoat.com/ja/news/1611

2015_03_06_金 @ 新宿 JAM(東京)
mothercoat presents ' N G ' vol.5 ONE MAN SHOW!!
詳細近日発表 羊を数えて待つべし!!


チケットのご予約はhttp://www.mothercoat.com/ja/tour/upcomingにて
早目の予約はメンバーの胃に何よりやさしいので、、、



posted by ギガディラン at 13:59| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする