2015年03月26日

スプライト

もう少し日々の掻い摘み方を覚えなければ
容赦なく進んでいく日々に文字も記憶も追いつかなくなる
とは言え ついつい、、、

3/19
少し曇ってはいるが 予想されていた
雨は降っていない
今日は2本のライブがある

普段は飲むことのないスプライトを
開けてシュワっと目を覚ます

昼はThe GrackleでJAPAN PREVIEW SHOW
これは本当にプレビューショーというだけあって
転換10分の本番25分というタイトなイベントで
コマーシャルライブみたいなものである
準備が出来てようが出来てまいが時間が来たら
さあ 始めてくれと言われる(去年僕らは少しオーバーして髭ブライアンに
怒られた、、、)
スプライトのお陰もあって短い時間ではあったが
少しづつこっちの環境にピントが合い始め
ぼちぼち良いライブが出来た
終わった後 毎回いろんな人と触れ合うのだが
1回話しただけでは顔も名前も覚えれないから
出来る限るメモするようにはしているのだが
ビール飲んでる内にいい加減なっていくは常である
ここで 現状唯一のCDアルバム "Allergies"が売り切れる
もしも持ってる方は再販の予定はないのでプレミアつくまで
お大事に取っておくことをお薦めします なんてね
物販は今のところ予想を上回る順調ぷりを見せている
ハママイが手伝ってくれてることもまた売上に繋がっている
要素のひとつである 何せ可愛い娘が物販にいることは
どこの国でもそこそこ重要である

片付けすぐ次の会場へ向かう
これが僕らの1つ目の公式ショーケースとなる
6thストリートとレッドリバーストリートが交わったとこのにある
720というバーである ステージはとても小さく3畳ないくらいで
あるが音はとても気持ちいい
僕らの出番は初っ端の9PMから
ここではわりとしっかり音出しを(リハーサル)を出来たことも
相まっって良い感じで始めれたのだが
最初フロアには知り合いと数人しかおらず
悔しいなあと思っていたら
音を聞きつけてどんどん人が増えて来て
増えてる人を観てまた人が入ってきてみたいな感じで
終わる頃には入り口までしっかり埋まった(前の方は少し空いていたが、、、)
景色を見る事が出来て良かった
そして4本目にしてようやく完全にピントが合ったライブを
することが出来たことが何より僕をご機嫌にさせた

ドラムを貸してくれた僕らの次に出たデンバーのバンド
Inner oceansと仲良くなり 皆んな友達連れてデンバー
公演を見に来てくれる事に その上デンバーで泊めてくれる
気の良いクリスという男にも出会い 乾杯をし
とても良い夜となった

それとこの辺りで今回のSXSWでの重要な登場人物となった
トーマスについても触れて置こう
彼は去年SXSWで出会って 去年の東京の企画にも来てくれたりして
後に日本で高校の先生をやりたいという青年で
簡単な日本語を話せる故 色々手伝ってくれて本当に助かったし
(ハママイとトーマスのタッグは後に物販最強タッグとなることは
この時はまだ誰も知らない)
また酔っ払うととても可愛らしい奴なのでみんな
大好きになってしまったのである

image.jpg
左がトーマス 隣にいるのは後にローカルTVショーの話を持って来てくれたバートン

720で一通り楽しんだ後 そんなトーマスのお薦めのバーガー屋
(トマスの中では僕らが好きなWHATBURGERは学生のチープなバーガーらしい)

image.jpg

で〆ようということで皆で行って お薦めを食べて
天国に帰る



posted by ギガディラン at 06:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | ツアー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする