2015年03月27日

Good bye SXSW2015 !!

3/21
3時間弱の仮眠を経て
ハンドルを握る
ヒューストンからオースティンまでの
道はもう何度も通って馴染み深くなりつつある

今日もライブは2本
オースティンの天国に着いたのは11AM
歯ブラシとコンタクト液を持って
サンアントニオへ
僕らの出番は2PMからだ
雨天の為 野外のイベントが屋内に
客足もだいぶ悪い様子
そんな中
駆けつけ1杯とはよく言うが
駆けつけ1本のライブをする
さすがに疲れが見え隠れするステージに

それでも不思議と物販が売れたり
オーナーに絶賛され 良い話を頂いたり

サンアントニオでは8年前僕らがライブした時
にお姉ちゃんと来ていた当時18歳の女の子が
覚えて来てくれて 先日のThe Grackleも観てくれたのだが
今日は彼氏と友達も連れて来てくれ しかも
お姉ちゃん(8年前 僕らは彼女に只管酒を奢られ
ベロンベロンになってしまった、、、)から
手作り巻き寿司の差し入れを頂く

image.jpg

image.jpg

一同 小粒の涙を流し喜ぶ

挨拶を済ませ オースティンに舞い戻る
5:30PM 僕らのSXSW2015最後のステージとなるLucilleに到着
ロードインを済ませ出番を待つ
これは僕らが去年出たロシアのフェスV-ROXが持つ公式ショーケースである
9:00PM 僕らのライブスタート
昨年 出会った大好きなバンドRoz&The RiceCakesも来てくれてる
そして何よりここ1番良いライブが出来た実感があり
ステージ脇の狭い物販スペースはごった返すこととなる
そして最強の助っ人外人トーマスとハママイが有終の美を飾るかの
如く売りさばいてくれてる姿を僕はビール片手に良い気分で
眺めていたのである

image.jpg
最強コンビに三代目Drジュンイリマジリ

image.jpg
Roz and TheRiceCakes

僕らの後に韓国のバンドが2つ出ていて
音楽は正直 僕が良いと思えるようなもではなかったのだが
とにかく国策として力入れてやっている感が凄まじく
スタッフの数も半端無い カメラマンがステージ上にもフロアにも
バンバンいたりアンプも持ってきたのか借りたのか半端無いの
を3台持ち込んでいる
ただ音楽だけがあまりクールでない
それでも国をあげてやれば広める事は出来るし
多くの国はそれをやっている
日本もいろんな分野において国策として
もっとやれるようになればいいなと切実に思う

最後 V-ROXの主催 ロシアのMumiy Troll
のステージを観てたら 泣けてきた

image.jpg

彼らはロシアの国民的大スター
日本で言うとサザンみたいな存在なのだが
壮大で現実的なプランをちゃんと持っていて
これを書き始めると長くなるので割愛するがとにかく
郷土愛と音楽愛が深く 自分たちどうこうと言うよりも
アーティストが音楽をやり続けれる為の基礎工事を
彼らなりにやっているのである
そういう事も知っているとまたライブの見え方も少し変わって
くるものだ

そして今夜でハママイとお別れ 本当に女神の端くれ(褒め言葉)に
認定出来るくらい 心強かったし助かった ありがとう
感謝の三三七拍子だ
別れる際はほろりと ね そりゃなってしまうよね

トーマスとWHATABURGERを 僕はもちろん
トリプルバーガーを 大満足

最高の気分でSXSW2015を終えることが出来た
明日からは一味違った 過酷であろうUSツアーが始まる

今のところ4つほど対処中の問題を抱えているが
その事はまた後日触れようかと

天国にて深い眠りに
posted by ギガディラン at 08:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | ツアー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトにルーズな僕ら

3/20

ベッドがふわふわのせいだろうか
少し体が痛い シャワーを浴びて
冷蔵庫を開ける
スパークリングウォーターと目に入ったクッキーケーキを二切れ食べる
時間は昼前だ

今日も2本のライブがある
昼はオースティンのGuero'sというタコスバーで
Amigos Internacionalesという
色んな国のバンドを集めたイベントに 生憎の雨模様 それでも多くの人が
ランチタイムを音楽とタコスとお酒をお供に満喫している
そんな人々のひとときにお邪魔してきた
ここでは去年のホストファミリーのレイチェルと

image.jpg

今年のホストファミリーのロイスとロイスの娘とランディも遊びに来てくれた
まるで学校の音楽会に親が見に来てるみたいな感覚で少し恥ずかしかったが
みんな和やかに盛り上がり良いお昼時になったみたいで良かった

image.jpg

ライブ後 隣のタコスバーの飲食チケットを貰ったのでレイチェルと一緒に食べに行く
ここぞとばかりに高いものを食べる もの凄いボリュームのものが出て来て
半分お持ち帰りにしてもらう どんなに美味しいものもお腹が膨れてからは
残してはいけないという責任感の味しかしなくなるものだ
なんだかんだで出発予定時刻を大幅にオーバー
急いでる時はみんな気が立ってしまい語気が強調され
言い争いのもとなる 少し車内 荒れる が
レイチェルが居てくれたことで そこそこの所で落ち着く
レイチェルとお別れして
急いでV-ROXのプレパーティーに顔を出しにいく
市街地は車を止めとく事が困難なことと
時間の事もありトキロック一人で行ってもらう事に
(なんとか少しでもスムーズに事が進むようにいろいろ
考えてやるのだが誤算が着いて回りすんなりとはいかず
時間だけが多めにかかってしまう)
トキロックを拾って ボーモントへ向かう 
約5時間のドライブ

The Logon Cafe&Pubに無事到着 

image.jpg

image.jpg

何故か地元のバンドOctapoodlesと2マンである
ここのバーはビールが60種類もあって
頼めば試飲もさせてもらえる
僕はWHITEというビールをラベルがカッコいいという理由で選ぶ
当たりだ 美味しい 
Octapoodlesのライブスタート むむむむむ
カッコいい!! 
自ずとテンション上がる ビールも益々 美味しくなる
11:40PM 僕らのライブスタート
大盛り上がりである ちょっと無理してでも来た甲斐があった

image.jpg

去年のボーモントで観て良かったから来たよって人が結構いて嬉しかった

image.jpg
写真は日本に20年間住んでたというアルフレッドと このおじさんもとても面白い

終わって今夜のイベントを作ってくれたシャンテルの家に向かう
湖のほとりにある素敵なとこだ(映画でみたことあるぞ この感じ)
道中はアドベンチャーワールド
道に水たまりというには小さく池というには大きい 半池的な
とこを進んで行かなければならないのだ(この辺りはワニがいるらしい)
シャンテルの家では夫のエリオットが夕食を作ってくれていて
各々シャワーを浴び夕食を頂いて 僕は小さい玉をスタートからゴールまで
あらゆる難所を乗り越えて転がすというゲームに夢中になったりしながら
してたら気がつけば5AM

image.jpg

そろそろ行かねばと挨拶して
さあ出発と思いきやトキロックが持っていたwifiの親機がないと小騒ぎ
皆で大捜索してもなかなか見つからず徐々に大騒ぎに
なったにも関わらず 結局 リュックの奥に入ってたという
情けないオチに どっと疲れるも
オースティンに向かう 車内で浅い眠りにつく

image.jpg

何かとギリギリが続いている
多くのご厚意についつい長居してしまうが
このままでは いつかライブを飛ばしてしまう可能性が
ある事を肝に命じなければ
posted by ギガディラン at 06:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | ツアー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする