2015年04月06日

これが本当のオープニングアクト in Columbia,MO

3/29
昼過ぎに目覚める
シャワーを借りて 3日分の汚れを洗い流す
マークと同居人(名前がわからない) とお別れし
ミズーリ州コロンビアに向け出発

image.jpg

この日は一昨日まで決まっておらず
オースティンの髭ブライアンのつてで
急遽入れて貰ったのだ

約3時間くらい車を走らせ今夜の箱Roxy'sに到着

image.jpg

かなり大きめのバーである
毎度のことながらドラムを貸してくれる
バンドがいるかどうかはドキドキである
が今の所 皆快くかどうかはわからないが
トラブルなく貸して貰えている

ついてすぐセッティング どうやら
オープンからイベント開始までの時間に
半ば強引に突っ込んで貰ったみたいで
これが本当のオープニングアクトってやつだ
8PM 店が開くと同時にライブスタート
僕らは一昨日からの勢いを持続している
コロンビアの皆さんどうぞ心置きなく楽しんじゃって下さい
という感じだ
が しかし 広いフロアに居るのは対バンを含めた15人くらい
反応はあるが それが僕らの音楽に対するものなのか
はるばる日本からこんなとこまでよく来てくれたね的な
ものなのかの判断は難しい
終わって 皆にオーサム! グレイトショー!と言われるが
物販が売れてる様子はない そもそも物販があるバンドが
僕らしかいないし ドラムを貸してくれた次のバンドは
コピーバンドであったりと まあこういう日もあるさという感じで
カウンターに行きビールを貰う
帰り際にドラムを貸してくれたサリオンがぶっきらぼうな面持ちで
CDを買いに来てくれる(後日 ライブも音源も 凄い良くて感動したという
丁寧なメールが届いて 表面的にそんな様子がなかっただけに こっちの
人でも内に秘めるタイプの人もいるんだなと反省することとなる)
想定外のちょっとしたギャラを頂いて心と財布が救われる

image.jpg

どこの箱でもそうだがアート愛が深く オーナーさんや店長さんはちゃんと
ライブを観ていて いいライブをやれば次の来る時はもっといい条件で
もっといいイベントでという話になるもんで とにかくどんな状況でも
手を抜いてはいけないことだけはハッキリしている

再びテキサス州はダラスに向かう
582マイルのロングドライブである
途中 せっかくだからこっちにある一通りの
バーガーチェーン店を試していこうということでDQバーガーへ
ジャスト10PMに扉を開ける閉店作業中のまさかのジャパニーズ5人組来店に
店員も困惑している
もう片ずけ始めてるから出来るものと出来ないものがあると説明されている
よくわかってない僕は日曜限定のお得バーガー トリプルチーズバーガーを
真っ先に注文する その事でパテがなくなり 何人かがバーガーを
食べれなるという失態を犯す 皆 出来るものを作ってもらい
気の良い店主が余った大量のポテトを全部くれる
そういえば 先日デンバーのマクドナルドでもこんなことがあった
随分と食べ残されたテーブルのポテトを下げに来た店員がさくっと摘み食い
しながら 良かったらこれ食べる? と普通に他の客に投げかけているのである
(日本の飲食業では廃棄することが絶対的なマニュアルとなっている
どちらが良いかというのは個人差があるだろうが 僕はこういうアバウトさが好きである)
話を戻そう 閉店間際の余りもの大集合だったからかもしれないが
味の方は"こいつは良い!また行こう!"と思えるようなものではなかった

今夜もそこそこ長いドライブとなる バックシートでうつらうつら

image.jpg

体調は悪くない 強いて言うならお世話になりながら失礼だがハウスダスト的な
何かで鼻周りは幾分くしゅついている









posted by ギガディラン at 06:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | ツアー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする