2015年04月08日

個人的な事はバーカンの下に置いといて in SanAntonio

3/31

ロイス邸で健やかな昼を迎える
今夜は三度目のサンアントニオへ
先日と同じ箱なのだが 先日の
ライブがオーナーの心に突き刺さったらしく
今ツアーの中では破格のギャラで誘われたのだ
周り方としては行って戻るというイマイチなルートでは
あるのだが交通費を考えても ありがたすぎる話しで
あったので少々カラダはキツいかもだが
オッケーしたのである

その事もあり
再びロイスの家にステイさせてもらい
問題のTシャツをこのタイミングで届けて貰うように
ロイスに電話でTシャツ会社と話を
つけて貰ったのだが 結局届かず
(ロイスも呆れるかなりの適当な会社のようだ 故に安かった?、、)
諦めて 会場に向かう ダウンロードの件はMacにおいては
解決したようなのだがwindowsだとzipファイルが解凍されない
という壁にぶち当たったまま時間だけが過ぎていってしまっている
僕はITのことに疎いので何とも言えないが 買ってくれてる人には
申し訳ない思いばかりが募り少し焦っている

1時間半ほど車を走らせ 今夜の箱Southtown101に到着
今日は1時間のロングセットで地元のバンドと2マン
(最初2時間のワンマンやってくれと言われたが さすがに
それはと2マンにして貰ったのである)
しかもタイムテーブルを見ると12AMからと書いてあるので
お客さんなんているにだろうかと不安を抱えたまま
地元のDown of the Phoenixがスタート お客さんも
15人ほどだ まあ仕方ない(そこそこの広さなので少し寂しい)
多くにを望み過ぎてはいけないと思っていたのだが
先日 僕らを観た人達が友達をつれて来てくれたり
噂を聞いて来たり ただバーに飲みに来たりで
寂しくない感じになり 良い感じでライブスタート
が しかし 盛り上がりとは裏腹に 想定外の
事で僕自身は苦戦を強いられていた
まず 用意されていた簡易的な照明がステージ前方に
置いてあったのだが 足が壊れており
僕の顔面に直撃していたのだ(前が見えない) 1曲目の途中で
僕はそれを横にして回避したのだが 3曲目の途中で
箱のPAが直しに来て 再度目が開けれない状況に
さすがに再び横にするのはどうかと 気にせずやるが
新曲ではフレットを間違えまくり オーマイアイズ!である
その事に加え 僕の後方 丁度頭の上にエアコンがあり(天井が低い)
前方 頭の上にシーリングファン(こいつがガタガタうるさい)が回っており
埃なのかなんなのかハウスダスト王国の国王に選ばれたような
状況で鼻はみるみるグズつき ところどころ咳込み 歌えなかった
箇所があるなどで お客さんの反応とは裏腹に敗北感の海を漂って
いたのである

とは言え お客さんは楽しんでくれたようで何より
個人的な事はバーカンの下に置いといて お酒の力を
無利子で借り 終演後は楽しい時間を過ごし
もうお馴染みの顔馴染みになった日系カップル(家は日本レストランをやってる)

image.jpg

から またまた日本食の差し入れを頂き
(お店まで行って日本のカップ麺や缶コーヒー等 買い漁る)
予定通りのギャラも頂き 気分も中の上な感じで
オクラホマ州タルサに向け出発

image.jpg

出発直後 ジュンペイとフク(maybe)が軽い言い合いとなり
ずっと一緒にいる故に蓄積されたお互いの小不満なみたいな
事をとりあえず吐き出す時間に突入したので
車を止め 差入れを食べながら修正
まあ とにかく運転手と助手の精神状態は皆の命に直結するので
それなりにいい雰囲気を保つ事は重要である
(僕もたまに乱れるので肝に命じる)

バックシートで運転に備え仮眠を取る 多くの場合 ジュンペイ
(酒を飲まないのでライブ後はジュンペイがいってくれるので助かっている)
と僕がハンドルを取ることになっている ロングドライブの場合ジュンが
ハイウェイ限定でハンドルを握っている
運転もライブも 慣れてきた頃が危ないが 合言葉である











posted by ギガディラン at 14:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | ツアー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする