2016年04月18日

KOUKAKU WAR

誰もが私を忘れてしまったような
そんな気分で 息をしている
誰もが私を待ち続けせてるような
そんな気分で 息をしている
だから私は どんな気分でも
やっぱりあなたのことを 待ってる

頬を伝った涙の糸が
口角を引き上げれるようになるまで

約束もできず、待ち合わせも出来ず
過ぎる時間に怯え、過ぎる時間に縋りつく
それでも私は どんな時間が過ぎようとも
やっぱりあなたのことを 待ってる

頬を伝った涙の糸が
口角を吊り上げれるようになるまで

口角を吊り上げれるようになるまでは


posted by ギガディラン at 20:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。