2011年10月29日

ノルウェイの森

小説は随分と前に読んだので まったく覚えていなかった 
昨晩はバイトを終えてビール等と飲みながら映画でも観たい気分であり
レンタルビデオ屋へと足を運んだ 新作だけど一週間okに魅かれ借りた 

正直原作を知らないと 楽しめない映画かもしれないと原作を忘れてる僕は
何故か楽しんだ 映像の美しさやカメラアングルのおもしろさや編集のやり方
に時に気を取られながらも 独特の温度感を視感してたら眠気に襲われ寝た

普段 ほとんど夢を見ないが 今朝は夢を見た 実家にいてダウン症の弟が
家族に自分はこの先どうやって生きていけばいいのかという事を訴えていた
バっと目が覚めた僕は泣いていた こんな事は初めてで驚いた 

トキロックが朝ご飯を作ってくれてそれを食べながらまた映画の続きを観た
正直原作を知らないと 楽しめない映画かもしれないと再度思いながら
原作をところどころ思い出しながら観た 松山ケンイチがバイト先の有賀君に似てるなと
思いながら観た クールビューティー これが僕の印象であり感想である 
感動も興奮もそこにはないけど ふわふわとした満足感がある 
日常の全てがこの質感に捉える事が出来たら どんな人生も案外悪くない
キヅキ君が何故 自殺したかについてトキロックと意見が若干割れる ガラスの十代である

ビートルズのリマスタリングされた"ノルウェイの森"にびっくりする 
録り直したかと思ったよ 

今日はどっぷり製作に浸かりたいが 吉祥寺に忘れてきた手帳を取りにいかなければ…

 


posted by ギガディラン at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: