2013年10月01日

10月の頭 の中

先日の打ち上げで 何か音楽やバンド以外の
どーでもいいような話をしたいなと思って
席を替えたら ちょうど生まれ年の話になったので
同い年の定義が 学年でいうと一個上とか下とかいうの
おかしくないかという話になり 学生を終えて久しいにも
関わらず 早生まれだからどうこうみたいな話をする人が多く
それは 会社も4月入社のサイクルでやってるのが多いから
会社員の人はその感覚のままいっているのもわからなくはないが 
ただ僕みたいにバンドとアルバイトをやりながら過ごしてきた人間に
とってはもはや学生の学年という基準を引き継ぐ必要はないのである
同い年かどうかの話をするならばそれは年度別でいいのである
初めてであった人と年齢の話をする時 何年生まれですか?でいいのである
1978年で同い年ですねで いいのである そこに早生まれシステムは
採用しなくていいである 何せそのシステムで過ごした時期と同じくらい
過ごしてない時期を過ごして来ているのだから 「年齢は同じだけど一個上ですね」
みたいな事は話をややこしくするだけだ 

というような
結論が出なくても何も問題のない話を久々にした事が 僕にとってはもの凄く新鮮であった

夕方 ネギに土を盛ってたら(白い部分を長くするため) お隣のシズエさんとカピバラさん(オオヤさんの顔がカピバラに似ているのでこっそりそう呼んでいる)が通りかかって 「オクラが大きくなり過ぎてるから もう
土が栄養ばっかり取られて悪くなっちゃうから引っこ抜いちゃいなっ」て言う 言い方が二人ともとても投げやりなんだけどなんかあたたかみがあって 二人とも口悪いんだけど なんかそれが嫌じゃない口の悪さで
僕は大好きで いつかコツを掴んで会得したいとこっそり思っている
別れ際はいつも 「ほんと良くやってるよ 若いのに 偉いよまったく」と吐き捨てるように帰って行くのが
たまらないのである  


話は変わり僕らはここに来て究極の選択を迫られつつある 
有望な若者の未来を左右するような決断をしなければならない
tanuki.jpg

そしてその情熱の矛先である事に相応しいバンドにならなくてはならない



posted by ギガディラン at 00:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。