2007年04月16日

letter

捨てられない視点の計りに 乗っかることで 
そうね 少し 素通り 素通り 

見てられない視界の値に 目を瞑ることで 
そうね 少し 素直に 素直に


でたらめっくりに 描いた絵画をしたたかに額縁に入れて
やたらしっくりと 御託並べて
僕を見てよ 見てよと言うの

定期入れに入れといた 不定期な感情 抑え込めず
まったく 律儀なままに 暴れ出す言葉の無情に
楽しめないの? 楽しみたいの
楽しめばいいの 


触れられない無限の理解を 諦めることで 
そうね 少し 気楽に 気楽に 

染められない乾いた世界を 確かめることで 
そうね 少し 愉快に 愉快に

甘え足りない浮ついた未来を 察することで 
そうね 少し 不安に 不安に

そう 戸惑いを君に 


posted by ギガディラン at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 贅沢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
触れられない無限の理解を諦める事で そうね
少し 気楽に 気楽に

ここの詩になんだか
無償に泣きたくなりました。
Posted by other at 2007年04月19日 04:43
この詩を読んで 冷たいと思うか
あたたかいと思うかで 全然違う人生になると思う

僕は欲張りで悲しいこと言ってるな思う日もあるし
とてもあたたかいこと言ってるなって思う日もあるんだよ

そんなことより この曲はとてもかっこいい曲だから 早くみんなに聴かせたいな
Posted by ギガディラン at 2007年04月21日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック