2007年05月30日

同性愛

昨晩 酔っ払ってビデオ屋に入る 酔っ払ってるとやたらオダギリジョー
に惹かれる 無意識に「メゾン・ド・ヒミコ」を借りて帰って来ていた
 ゲイばかりの老人ホームの話し とてもいい映画だった 意外にもオダギリジョーよりも柴崎コウに惹かれた 同性愛について少し考えてしまった 小学生の時 幼馴染みの男の子とベッドで互いのカラダをまさぐりあってえらく興奮し合ったことがある 何故そういう状況になったか覚えてないし それ以後そういうことは1回もなかった ただすごい覚えてる
すごい興奮したから 
中学 高校は俄然 女の子に夢中であった 東京に出て来て少し自分はバイセクシャルでもいけるんではないかとバイセクシャルに対する憧れみたいなものも芽生え試してみたくなった が まず男に対して勃つという感覚がまったくなかった なので当然入れられる方での勝負だなと思っていたのだが いかんせんケツの穴が弱くて 女の子に指入れられただけで けっこうつらいな〜と思ってるくらいだから ここから気持ちいいに繋がるには 相当な訓練が必要だなと とっきーのゲイの友達が「あなたたち女は簡単に気持ち良くなれたでしょうが 私の快楽は血の滲むような努力によって勝ち得たものなのよ」的なことを言っていたということを聞いて 血を滲ましてまで自分はバイになりたいのかという疑問を投げかけたところ あっさり僕は朝起きたら隣に女の子が寝てる方がいいですという答えに辿りついたので ここ数年はすっかり忘れていたのだが 映画を見てなんかやっぱりゲイの人達に惹かれるのは性的なことではなくて その人達の感性に惹かれてるんだなと思った 

この前アメリカ行った時にバイセクシャルの女の子に会ってほんとにかっこよくてね あー僕自分が女の子だったら完全にバイだなと思った

そしてオダギリジョーを見て もう1回ケツの穴を鍛えようかなという気にもなったが そんなことしてる暇があったらギターとか練習したらどうだという気にもなった

なんにせよ 柴崎コウが思いのほか可愛くてびっくりした

酔っ払ってたので夜中の1時に当日返却で借りて当然 朝返せるわけもなく 延滞している自分も案外可愛いいなと 思う 思いたい 

思って欲しい


posted by ギガディラン at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。