2016年03月22日

波乱!?のSXSW2016

今年のSXSWはオバマさんが基調講演に来たりと
年々スケールがデカくなっていってるような印象。
若干、音楽の方よりインタラクティブの方が近年盛り上がりを見せてるように感じるが
とは言え最高の祭りごとには変わりない。
http://www.sxsw.com/

僕らは2007、2014、2015と出演し今年も行くつもりで
応募しインビテーションも届いたのだが、行ける状態ではなかったので
ごめんなさいメールをして今年はFBでSXSWエイジアのオードリーさん
の投稿等を指を咥えて見ていたわけだが(ElygiumのステージのYOSHIKIのピアノは
麻田さんとブライアンが運んだんだろうか?とか気になりながら)
どうやらかなりの数の世界中のバンドがアメリカに入国出来なかったみたいで
ショックを受けている。
VISAのことに関しては昔からいろんなことが言われていて
僕らも2007年は確かP-1ビザをとって行ったのだが
ESTA
・アメリカにビザ無しで90日以内の旅行(Tourist)
 または商用(Business Visitor)目的に渡航する人向けの電子渡航認証
・申請費用 : $14
・1度の渡米(滞在期間)が90日間以内であれば、何度でもESTAで渡米が可能
が出来てからはESTAとSXSWからのレターで入国出来たので
今回のことにはとても驚いているし、もし僕らも参加することに
なっていたらもしかしたら入国出来なかったかもしれないと思うと
ぞっとする話である。
勿論、ビザをとって行くのが確実と言えばそれまでなのだが
SXSWのインビーテーションが届くのがマチマチなので
(最遅で1月後半に来ることも)なんとも言えないとこであり
(特急申請だとかなり高くなる上、それでも間に合わない場合もなくはない)
一度、ESTAで入れていて年一、二回の90日以内の渡米であれば
ESTAで行こうとするのはこっちの言い分としては当然の選択である。

ただ今回こういう事態になり、今後USツアーを考えているアーティスト達は
これを踏まえて真剣に向き合って考えていかないといけないことは
間違いないわけで関わってる人、楽しみにしてくれてる人のことを考え経費削減の
ポイントをどこに置くかが重要になってくる。 
それ故に5人分のP-1ビザを取っても有効期限が大使館、領事館の裁量で
全然違うことになってくるとこが引っかかるとこではあるけどね、、、

まあとりあえず今はまた5人で音を鳴らしにいけることを目指してまた
日本中、世界中を旅できればいいなと(以前ほどハードな月33本のツアーとかは
もう出来ないかもだけど)布団の上で夢みてます。うずうず

今年SXSWに参加出来た人たち(日本人に限らず)が何かを掴んで帰れてたらいいなと
余計なお世話ながら布団の上で願ってます。うずうず

うずうず zzz...


posted by ギガディラン at 23:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: