2016年07月13日

それははっきり言える。

先月末にトキロックを連れてちょっとした旅をした。
外に出ること、人に会うこと。無感情を含め揺れ動き始めた感情と共に。
実際問題、所謂元気とはまだまだ言えない状態が続いている。

渋谷7th floorでのライブはとても緊張した。歌に気持ちが入れば入る
ほどギターが疎かになった。やってる時はそれでいいじゃないかと思え
たりしてるのだが、終わったあと恥ずかしい気持ちになる。
MCでgods/Quiz in USBの宣伝だけしたのだが物販担当のトキロックが
USBだけ忘れて来てたというミラクル発覚。買いに来てくれた人、
ごめんなさい。
この日は友達もいっぱいいて居心地良いような、自分が走れてない分
居心地悪いような、そんな気分をビールでカヴァー。
7thでイリイさんの仏顏を見ると少し気が楽になる。
誘ってくれたThe flying uncleセキヤマ君には感謝である。素敵なステージ
を用意してくれてありがたかった。何よりリリースおめでとうである。
素敵な写真を撮ってくれた方がいました。
http://miumeowphoto.tumblr.com/post/146605122511/gigadylanof-mothercoat-7th-floor-26-june-16

そのまま笹塚のチエッホ画伯の家に泊めてもらう。ちょうど旦那はツアー
で居なかったのだが、結婚式のアルバム等を見せられ、幸の洪水トークを
繰り広げる画伯を見て、今の旦那に出会えて本当に良かったなと思った。
トキロックもチエッホと話せて良かったと言っていた。

早起きして茅ヶ崎の方へ車を走らす。
葉山にある北インド料理の店(http://appughar.jimdo.com/)
にカリーを食べに。

早く着きすぎたので別荘を持っている芸能人を気取りながら開店を待つ。

IMG_3463.jpg

カリーはちょと欲してた味と違った。この味が好きな人はとても
好きだと思われる。

IMG_3465.jpg

鎌倉に寄り道。鎌倉の大仏を拝んだ。月並みな言い方であるが
大仏はやはり大きかった。
トキロックは大仏と話をしたらしい。
心配である、、、

渾身の仏顏を作ったつもりだったが、、、

IMG_3474.jpg

大仏の喉仏を見上げる。

IMG_3470.jpg

江ノ島に寄り道。江ノ島も初めて行く。
海岸沿いあった足つぼウォーキングロードを歩く。
トキロックは痛いところと内臓の疾患をリンクさせて、
どこそこが悪いとか言っていたが、こんなのは誰が歩いても痛いと
思う。(特に剣山みたいな石のところは)

夕暮れ、茅ヶ崎の海。海風と波の音に月並みではあるが癒される。

IMG_3488.jpg

IMG_3493.jpg

茅ヶ崎に住んでいるトキロックのお友達の家で手巻き寿司を頂く。
昔、mothercoatのライブに来てくれたこともあって僕も挨拶くらいは
したことがあったんだけど、とても素敵な方で話していて楽しかった。
周りの友達がみんなちゃんと大人していることに触れることでどうしても
後で考え込んでしまうトキロックがいるのだが、それもまたこの旅の
醍醐味であるように思ったりしながら、食べきれないほどの海の幸を頂いて
子供が打ち解けてきたあたりでお別れし名古屋方面へ車を走らせる。

浜松あたりのSAで眠る。
曇っていたので車中泊でも暑くなく快適であった。
お昼はやはりカリーを求め、名古屋にある"かるだもん禁煙の店"という
変わった名前のお店へ行ってみる。置いてある本や店主の出す空気
に行き過ぎた健康哲学を感じる。そしてやはりカリーも哲学の味がする。
僕はとても美味しいと感じたがトキロックはそうでもなかったようだ。
この日は以前、大阪ツアーの際には必ず宿泊していた個人無料ホテル
"よしおか"のオーナー兼某イベント会社のホープだった男、吉岡星が
ガラス職人になると言い残して大阪を去り早4年。気になりつつも
会いに行く機会を作らずここまで来てしまっていたのだが、この機を
逃すことなかれと、愛知県は瀬戸市へ。瀬戸物の町でガラス?と思った
がどうやらガラスに必要なものが陶器に必要な土の不必要な部分から
取れるらしく(大雑把に言われて大雑把に解釈した。)瀬戸市には陶器、
磁器、ガラス職人を育成する市の施設があり。今はこの町で作品を作っ
てるそうだ。気になった方は是非彼のことをチェックして欲しい。
http://yoshiokasei.jimdo.com/
https://www.instagram.com/sei__ies/
ガラスの窯は基本的に火を消せないらしくずっと点けていないといけな
いという個人で窯を持つことはセレブの顧客に火を点け続けないと難し
いだろうと思われ。僕らで言うと自宅スタジオにオールドNEVEの卓を
導入し200ボルトの電源を引き、それをメンテし維持し続けるような話
である。
寂れてしまった商店街にてお互い再起を図り合おうではないかと。

IMG_3497.jpg

久びさの再会ではあったが、お互いの状況が変わった以外は何も変わる
ことなく、タイムスリップ感満載の家で落ち着くことこの上なく、呑み
に行ったキング オブ 昭和な飲み屋も途中本筋の人が入って来て30分ほ
ど空気が一変したこと以外は最高のシチエーションで、トキロックも悩み
を酒も呑まず打ち明けてみたりと山田洋次監督「バンドマンはつらいよ」
のワンシーンをNGなしの一発撮りで撮り終えたような気分になれた。
帰りに寿がきやのインスタント台湾ラーメンを買って帰る。
来客にやさしい吉岡は僕らに蚊帳を貸してくれ、きっと彼は一晩、格闘
することとなっただろう。ありがとう、百均で売ってるようなグラスで
なく彼が作ってるような作品と呼べるグラスでビールを飲めるように
我が人生も精進しようと思うばかりである。

名古屋から車を走らせ伊勢へ向かう、伊勢神宮に行った記憶はないが
小学校の修学旅行は伊勢だったので行ってたかもしれない。
津市を越えたあたりから国道23号沿いには買わずに帰る事は許されない
と言わんばかりの帯びただしい数の赤福の看板に包まれる。一つの電柱に
何故か上下に2枚掲げてあり、もしや上の方は鳥に対してまでアピールして
いるのではと思ってしまうほどである。
ネット調べたところによると下宮からお参りするのが基本らしく、素直に
従う。あまりに無知故に、てっきり豪華でそこそこ煌びやかな神宮を予想
していたので正宮を前にして、警備の人にこれが正宮ですかね?と聞いて
しまったほど想像してたものと違い、よく言えば神秘的で秘めやかな
感じで驚いた訳だが、失礼な想像を詫び、気をとり直しお参りする。
トキロックは随分と長くお参りしていた。いつまでも参り終わる気配が
なかったので5分くらい待ったところで、「神様も忙しいから」と止めた
。内宮に向かう途中猿田彦神社にも参った。雨が降ってきたが、下宮の感
じからそんな遠くないだろうと思って傘を差さずに橋を渡って行ったが
これまた予想に反して奥深いところにあり、びしょ濡れになる。
内宮の正宮はより秘めやかでより近寄りがたく神頼みすることさえ恐れ
多い気にさせられ、「参りました、自力を信じてなんとかします、どうか
気を悪くされませんように」と雨に打たれながら帰ってきた。
罪悪感と責任感で赤福を購入。松坂牛串を1本買い、トキロックと食べる。
一緒に売っていた飛騨牛との200円の差がどんなものか試してみたかった
が、ここは"やっぱり松坂牛は美味しいね"でいいじゃないかと車に戻る。

IMG_3498.jpg

鈴鹿にある儀賀家の墓もついで参って実家に帰る。

あくる日、姫路城に行く。中に入るのは初めてである。全部を見て回った
ら2時間くらい掛かった、きっと隈なく見ていく人は4時間くらい掛かる
と思う。この高低差を着物で行き来してたことが想像出来ない。訪れてい
た人の殆どが海外から旅行者であったことが何故か嬉しかった。

IMG_3513.jpg

17年間、殆どの時間をバンド活動に費やしてきた(脳内は特に)ように思う。
観光という名目でどこかに訪れるという発想などなかった。ツアーしてれば
自ずといろんな所に行け、ついでにいろんな人と場所に触れれるからそれで
満足していた。今後も出来ればそう在りたいと思うが、今はまだはっきりし
ない時間に身を任せている。僕自身はそういう時間の過ごし方は苦手であり
すぐに、こうだと言い切りたかったり、決めてしまいたかったりする質であ
るが、今は"待つこと"、"堪える"ことを学んでいる。
その事がきっと今後の人生の糧になっていくだろうと今は思っている。

道中、トキロックが笑うことは少なかった。その事を良しとしながらも、
たまにイライラしてしまうことも。カリーも大仏も海も城も僕らを楽しませ
てくれるわけではない、僕らが楽しみを見つけてるだけなのだから。

まあ焦ることはない、笑顔の方が良いと決めたのも勝手な僕だし。

IMG_3476.jpg


実家では母の小言に僕の大言で返す。あなたの話は難しいと言われる。
わかってるよ、僕の行く末が心配だということだろう。

帰りに大阪でcolumbia 8 http://columbia8.info/でカリーを食べる。
前に一度行って食べれなかったので食べれて良かった。
これもまた説得力のあるスパイスカリーで満足度高し。
そしてある男を連れて深谷に帰った。

はっきりという言えることはない。それははっきり言える。






posted by ギガディラン at 18:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: