2016年07月13日

自分の人生は自分のものであるようで自分のものではない。

先週末はバンドメンバー3人で選挙に行った。
特に誰に入れるとか、各党の政策に対しての議論などすることはない。
話したことと言えば、民進党の人のポスターがやけに色褪せたような色
で印刷されていて、これは色褪せてるように見えるねえという下らない
話をしただけである。

結果が出てからも、特に話すことなく、生活も何ら変わることなくで
ある。そして今思っているのである。僕が入れた人は落選したが、
ああ良い国だなと。

先日、実家に行った時に
母からちゃんと今後の人生を考えなさい的な事を言われた。
ちゃんと人生を考えるという事と、不安を煽る(煽られる)という事
は違う。向こうからすると僕が言ってる事は世捨て人のような戯言の
ように聞こえているかもしれないが、世捨ててない人たちが日本的資本
主義の歯車の中で自分の今や未来を憂えいている現状があるとすれば、
それは豊かさを当たり前に手に入れた日本人の欲深さだと僕は感じて
いる。ちゃんと人生を考えれば考えるほど、僕らはなんて恵まれた国に
生まれ育ってきたんだという事を思い知る。
とは言え問題はいつの時代も山積みなことも知識としては知っている。
政治家に求めること以上に自分がどうあれば国にとっていいのかを
考えたりしている。まずは健康を心掛けることが大事である。自分の不摂
生で健康を損ない病気になることが何より税金の無駄遣いであるし、僕ら
の世代が畳の上で死ねるよう最善を尽くすことが次の少ない子供達の世代
の負担を減らすことに繋がるわけである。どうか若い内から毎年、健康
診断には行って欲しいなと切に思う。軽い運動も大事である。食生活も
大事である(行き過ぎた健康哲学にハマるのはどうかと思うが)。
"元気があれば何でも出来る"というアントニオ猪木の言葉をかつては笑い
ながら聞いていたが、今は最も胸に響く言葉である。
ミック・ジャガーを見てるとより胸に突き刺さる。

何やら話しがおかしな方向に行き始めたが、僕自身はこの一年の経験で
自分の人生は自分のものであるようで自分のものではないという感覚
を覚えた。目に見えないところで人と人は繋がっている。もちろん自然
とも繋がっている。自分はその繋がりの一つであるだけだと実感している。
こう書くと何か宗教的なものの匂いをさせてしまうかもしれないが、
僕の幸せが誰かを不幸せにすることもあるということ、僕にとっての
正義が人にとっての悪になることもあるということ。考えればキリがない
し考えてもどうしようもないことだが、その感覚を持っておくことで
自分自身の独善的な思想や行動が行き過ぎないような気がしている。

阿部さんにも三宅洋平さんにも密かにそれを感じるし、どちらの主張も
未来に対する責任感があるように僕は感じている。狙ってるゴールはそ
んなに違わないが、そのプロセスでぶつかりあってるだけで誰かにと
って都合がよくて誰かにとっては都合が悪くても人類の未来が少しづつ
良くなっていくなら良いじゃないかと。僕なんかはむしろ僕みたいな人間
に都合の良い政策ばかりやろうとしてる人の方が不安である。
人生は楽でない、されど楽しみは無数に転がっていて感じる力を育めれば
ストレスとて心地よいものである。
老後が安泰という魔法のような政策があったとしたら、僕らは危機感も覚
えずサボるだろう。不安に感謝である。
子育て大変でいいじゃないかと僕は思う。女性の社会進出という欲がよう
やくカタチになり始めたばかりじゃないか。それと同時に男の子育てとい
う欲も少しづつカタチになり始めたばかりで、全ての欲求がたかだか数十
年で良い感じに満たされることなんてないのである。即効性のある薬のよ
うな一時的に救われた感ある政策に今を生きている僕らは惹かれるかもし
れないが。体質改善というは時間をかけてゆっくり良くなっていくもので
ある。
(急に痩せるってことは魅力的であるが、怖いことであると思ってるのは
僕だけだろうか、、、余談ですね。)
そもそも野蛮であった人類が徐々に殺しあうのは良くないよねって思える
ようになってきたのは20世紀を超えてからであり、ようやく今ここまで
到達してこれを次の世代にも繋げていこうとしてるところである。
何十手先の良い結果につながる一手を思いついてたりしてる勉強して賢い
人がいると信じて僕はその一手の結果が出るまでのその一手による苦難を
受け入れたいという思いである。
難しい話をしているようだが、自分にとって都合の良い今が、100年後の
不都合に繋がるという感覚を持つということである。その感覚が僕に節度
というものを教えてくれるのである。その感覚を持ってたとしても人は自
分が可愛いもので自分の都合を優先してしまうものですから。

ふう、ついつい纏まりのない思いを吐露してしまったが、実際纏まりなく
考え続け、行動に少しは移し、思い知っていくわけである。

敢えて纏めるとしたら、"人にやさしく"あれるようにということかもしれ
ない。

僕も小さな声で言おうとしてる。みんなガンバレ。


posted by ギガディラン at 23:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。