2016年09月19日

なくていいから。

開かない開かないと思っていたら、引き戸だった。
ずっと押し開けるようなことばかりやって来たからね。
この歳になるまで気づかずに来てしまった。
部屋の中はいるのかいらないのかわからないような拘
りで埋め尽くされていてドアを引く為のスペースを作
ることから始めないといけない有様だ。

今の僕は足を着ける地がない状態だ。
理由なんかなくていい。
原因なんかなくていい。
目標なんかなくていい。
理想なんかなくていい。

どうだっていいじゃないかそんなこと。
とにかくやってみようじゃないか。






 
posted by ギガディラン at 01:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | 散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: