2016年10月30日

有り難う。

1週間、言葉を探していた。

主催者の皆さんへ、観に来てくれた皆さんへ、
気にしてくれている皆さんへお礼を言いたい。
そのことだけははっきりしていたのですが、
ただただ"ありがとう"だけでは済まされない
ような感情と状況が脳内と目の前でのたうちまわり
結果的に身動きも取れず思考も止まり、
脱皮したことないのでわからないが抜け殻の
ような状態とはこういうことを言うのでは?
というような時間を過ごしていました。

探すまでもない言葉を言うのに
1週間もかかってしまった。

無事mothercoatとしてのライブを終え
帰ってこれました。
本当に有難う。

ボブの方のディランのように素晴らしすぎて
言葉を失いたかったが、諸刃のバンドは期待通り?
いや、期待以上にやりきりmothercoat冥利を突き
ぬけ積み上げてきたジェンガに自らドロップキック。

僕の淡い期待は限りなく透明な期待にまで色彩を失い
ただただ迷惑を最小限に抑え、願わくば関わってくれ
ているみんなに心配をかけたくないという思いと、
そんなこと気にしている場合ではないの中心で
愛を叫ぶも散らばったジェンガを拾い集めるのに
精一杯。vijonスタッフ、マザコスタッフのつまこ、
くーみん、支え続けてきてくれたお客さん、AYNIW
TEPO始め出演者のみんなに結果的に迷惑も心配も
かけ、ジュンと共に深谷に逃げ帰ったというのが僕
の中での主観的事実である。(帰った直後は自虐的な
言葉しか浮かばなかったが時間とは有難いものである
幾分メロウな表現になりはじめている)
今回のツアー、ジュンがいて本当に良かった。
ジュンは縁を切れぬ力持ちである。

とても表現が難しいのはどう書いても
トキロックに責任を感じさせてしまうような事実
があるということである、その責任はそうならない
ように一緒にやってきた僕の責任でもある。
重く受け止めて、今後に繋げようと思います。
失敗のない成長はないと信じて。

あと皆が気になって仕方なかった突如現れた
新ギタリストのことであるが、ここで書き始める
と収集がつかなくなるので、またの機会に書ける
ことは書こうと思う。

ライブ後の色々から続くこの1週間の色々があって
忘れそうになるが、僕はライブやっている時、
トキロックを気にかけながらも湧き水のような興奮
を覚えていた。緊張と喜びと不安と感謝が入り混じ
ったトランス状態でなんとも言えない幸福を感じて
いたのである。また新曲群をやっと人前でやること
が出来たことも嬉しくて、嬉しくて。おっジュンも
やはり興奮してるのかBPMが上がってるなとか
トキロックなんか、もう歌というか叫んでるような
もんだったけどまあ今日のところはいいかとか新ギ
タリストのアシーム君も緊張してると言ってたわりに
堂々とやってるし、何よりステージから景色が最高で
至福の時を過ごさせてもらいました。

まだバンドとしての傷口はぱっくり開いたままで、
次を考えることすら困難な状態ではありますが、
僕が天然なのか、新曲とか驚きにカッコ良くないか?
とか思っちゃってるもので、どうかバンド界の絶滅危
惧種的な扱いでmothercoat並びにトキの野生復帰へ向け
てこれからも見守り応援して頂ければ有難く思います。

10.22(sat) 北堀江vijon

set list
1.assaji (new)
2.pigeon (new)
3.nipple cider
4.scottie (new)
5.ten pura
6.starcart (new)
7.waltzheimer

IMG_3583.jpg

IMG_3584.jpg

IMG_3586.jpg

posted by ギガディラン at 20:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: