2016年03月15日

そろそろそろりとひとり旅

重い腰と頭を上げてというか上げさせられたというか
弾き語りでライブを2本やることにした。

IMG_2610.jpg

京都二条nanoの12周年に誘われたのは去年の12月12日のことであった。
1212で被せてくることでより12周年に対する思いに重みが増すという京都的というか
モグラ流というか身の引き締まるオファーメールに惹かれたことと
ちょうどここ数年はUSツアーとかぶっちゃってnanoの周年に出れなかったことも
合間って謹んでお受けしたわけである。
村島にドブロク、初めてのパンパンの塔、夜行バスのチケット取っちゃったから
朝まで呑めないのが残念でならない。
僕の出番は19時20分からになるから仕事、学校終わりで駆けつけておくれ。

2016_03_30_水
@京都nano
12周年月間第23夜 「聖者の行進」
adv/door: ¥2000/2500+1drink
w/村島洋一,ドブロク,パンパンの塔,


そして当初その1本で気持ちはいっぱいいっぱいであったのだが
北堀江vijonの松藤さんから電話が入り一度誘われた日程が4月の頭で
お断りしたんだけど、一応30日にnanoが入ってますということを伝えて
置いたら、さくっと29日のイベントをバラして新しいイベント作るからって
真面目なトーン(松藤氏は電話だと妙に神妙な声色になる節がある)
で言われたので謹んでお受けしたわけである。
後日イベントタイトルが ”5-1+1-4”というvijonの愛のある悪ふざけ全開の
タイトルになっており、しかも僕がメインみたいな扱いになっているので
少し気が重い節もあるが気にせずやります。 
僕の出番は21時25分から
打ち上げで呑み過ぎてたら止めてくれる人募集です。
あと泊めてくれる人もいたら助かるねえ。

2016_03_29_火
@北堀江 club vijon
5-1+1-4
adv/door: ¥2000/2500+1drink
w/soratobiwo, SAURUS,宮地(memento森),ワダアツシ,テロット


そんなこんなでツアーに行くわけだが、上記にも書いたが
ここ2年ほどこの時期にUSに行っていたので花粉のことを
すっかり忘れていて先月までは、おっ体質改善されたのでは!?
と油断する程度のくすみ具合であったが、それほど甘いものではなく
昨日、矢部耳鼻咽喉科に駆け込んだわけだが、先生がそこそこの
おじいちゃん先生で、素足にお洒落サンダルという出で立ちで手つきが
また女性的というかオネエ系というのかなかなかの好印象な先生で、
俊敏かつ滑らかな手つきで僕の鼻孔をチェックし
「く・す・り なんか好みある? 私が選んだのでいい?」
と妙な色気を出して尋ねてきたものだから、とっさに竹内豊的なトーンで
「30日分お任せします。」と返した。
どおりでここの耳鼻咽喉科人気なわけだと納得した。
(待合室には病院とは思えない数の漫画があるのも人気の秘訣かもね)

なんにせよ体調も整えて、精一杯歌えるようにね
二日間あるのでセットリストも変えてやろうと思ってるので
余裕ある人は二日間聴きにきてくれるとより楽しめると思います。

チケット予約はhttp://www.mothercoat.com/ja/tour/upcomingまで
よろしくです!!!
posted by ギガディラン at 21:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

バンドは今もなお息をしている

言葉は選ぶものではあるが、どうにも言葉を選りすぐらなければ
何も書けないような日が続き、取り繕うのか?曝け出すのか?
どちらもしっくりこず何も書けないでいた。
こういう状態が続くと次第にFBを見るの、人に会うのも面倒になり。
殻を作って閉じこもり、自分よがりな思考の中で良し悪しを判断しかねないなと、、、
そしてなんとなく宗教やドラッグに手を出してしまう人たちの気持ちがわかったような
気になったり、そして何よりバンドの歯車が噛み合わなくなり崩れていく恐怖。
そういったような事が少なからず自分の中の小さな引き出しから出てきたり
して、あーこれが所謂正念場ってやつかと思い、とりあえず
かなり遅めの「明けましておめでとう」をいう事から始めてみようか。 

そしてしっくりこないなりにもここ半年の事を書いておこうと思う。

バンドは昨年8月21日にトキロック(?.vo)が転落事故により負傷して以来
ライブ活動を休止している。その際、トキロック抜きでツアーを続ける案も出たが
僕はそれを望まなかった。マイナスをプラスに変え素晴らしいパフォーマンスを出来る
自信がその時点ではなかった。悪戦苦闘し見るに堪えない姿を見せてもいいじゃないか
というのが僕のアーティストとしての信条であるが、誰がそれを見たいんだ?という
思いと誘ってくれた人たちの顔を浮かべるとその気になれなかった。
(僕らはまだそのレベルの存在に達していない)
それと同時にトキロックの状態を病院で目の当たりにして、治療の手助けと並行して
ツアーをするというのは心意気だけではどうにもならないということは明らかだった。
結果、その選択は間違っていなかった。トキロックの回復には心身共に時間を必要と
し、ある種終わりの見えないものであったからだ。
病状についてはトキロック本人の今の意向もあり公表はしないが、
楽観は出来ないが悲観することもないような状態が続いていることだけは
伝えておこう。
今は回復へ向け彼女を支え続けることが僕の最優先事項であり、
絶対に逃避してはいけないことである。

とにかくあの日以来生活は一変したわけだが、不謹慎にも最初はその事が新鮮で
あり楽しかった。バンドの活動日以外はバイト→病院→家という生活を1ヶ月半
ほど送り、トキロックが退院してから1ヶ月間は家で主夫として家事と身の回り
の世話をしていた。掃除、料理、洗濯、野菜作りetc,,, その時は特に料理に気合
入れすぎてガス代が随分上がったので反省したが、どれもこれもやってみると
面白みがあり楽しかった。
トキロックが昼寝してる時は英語の勉強をしたりもした。(身についたかどうかは謎)
とは言えどれもこれも時間があってこそのもので、12月になり音源を本格的に
仕上げようと動き始めたあたりからバイトも少しやり始め徐々に手抜きになって
しまっている。

そんな中、長年一緒にやってきているジュンペイ(sounder)も心身共に浮き沈みと
いうか沈みが激しくなっており、彼は彼の中のギリギリのラインでバンドにしがみ
ついてるというような状態が続いていた。
mothercoat、もしくは僕がジュンペイを追い詰めてしまっているような気もして
何度も話し合いをしたりはしているが一度ハマったループから抜け出せず、
一度、バンドを休んでいろいろなことを整えた方がお互いにとって今は良いと
いう結論を僕が出しジュンペイも納得するカタチで今はバンド活動には参加して
いない。

そういった状況ではあったがジュン(dr)とフクノスケ(gt.?)のバンドに対する意識の
高さに恵まれmothercoat books http://mothercoat69.jugem.jp/
というものをやることも出来たし、特にフクはMVを見事に完成させ
(当初は僕も少し提案をしたりもしたがどこに向かっているかわからず不安であったが)

そして“gods/Quiz”という作品を発売することが出来たのはmothercoatの底力で
ありワンマンバンドでないことの誇りである。完成までにも書けば長くなる物語が
あるのだが、とにかくこのタイミングで作品を残せたことは良かったなと思う。

買ってくれると嬉しい。
https://itun.es/jp/UghRab
http://ototoy.jp/_/default/p/60316 … … …
https://mothercoat.bandcamp.com
https://monstar.fm/mothercoat

ざっと書くとそんな半年であった。

そして今もバンドはスローペースながらも動いている。
新曲をレコーディングしたり、曲作りしたり、練習したり
機材を新しくしたり、僕は僕でDAWソフトというものを初めて導入して
バイトの合間に勉強しながらあくせくやっている。
時間は巻き戻せないという当たり前ことに従って
あの頃に戻ろうとは今は思わない。
とにかく誰も死なず、誰も辞めず
バンドは今もなお息をしていることだけは伝えておきたい。


ふう、少し疲れる文になったけど、僕はそれなりに元気で、
相も変わらず根拠のない自信と諦めの悪さには今も定評があるので
どうか心配なさらず。

こんなバンドに愛想を尽かさないでいる
人生楽しみ上手なみんなに会いに行けるよう
最善を尽くし続けるのでどうか記憶の片隅に
ホッチキスで留めて待っていてくれれば励みになります。

このブログも広告ばかりにならないよにしなきゃな、、、







posted by ギガディラン at 19:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

大丈夫

そう思いたいし そう思えてたことが そうではなかった

考えても仕方のない不安は考えないようにしている
考えても仕方のない不安がある事実を棚に上げて

僕には才能があった。棚に上げれる才能が
だけど、棚に上げれない人にかける言葉は見つからなかった
僕が言えることはいつだって根拠のない「大丈夫だよ」だけである

そう思ったことが そうなるように そうするだけである

僕もあなたも大丈夫 
posted by ギガディラン at 00:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

主夫の目覚め

毎日、病院に行っている 同じ道だと飽きるのでいろんな道で行っている
別に遠回りになっていてもいいのだ 深谷に住んで3年と少しになるが近場でも
まだまだ知らない景色があるもんだなと思いながら ガソリンの無駄遣いだなと
思いながら病院と家を行ったり来たり

先月まで行ったことのなかったディスカウントスーパーTRIALに恋をし今は通い詰めている
面会時間の終わりが20時 その後行くとちょうどお肉やサラダが半額になっていることや
スーパードライが税込185円であることが今の僕のハートとお財布を癒してくれている

凡人ハウスには冷蔵庫が二つあるのだがその一つはほぼトキロック専用みたいになっていた
トキロックはヨーグルトやら味噌やら漬物やら何かと自分で作っていたのだが
タッパーに入っていた怪我する前に作っていたであろう味噌が
発酵?し蓋を押し上げ冷蔵庫の中味噌まみれという事件が起きていた
僕は冷蔵庫を整理することを決断し、この先使うことはないだろうに惰性で
凍らされてるだけの食材を全部捨てた。ヨーグルトも怖くなって捨てた
この冷蔵庫とて民主主義に法って食品を冷やすべきだと僕は思った
この日をもってトキロックの台所における独裁は終わりを告げた

僕が自分で洗濯というものをしたのは実家を出て一人暮らしをした
1997~1999年の間だけだと記憶している
それ以降は誰かと一緒に住んでいたので洗濯はずっとやってもらっていたことも
あり、僕はこの先ずっと自分で洗濯することはないだろうなと思っていたし
自分は洗濯を出来るほど器用な男ではないとも思っていた
メンバーも僕が洗濯を出来ないことを知っていたし
やさしいフクノスケは僕がギガの分も一緒に洗うよと言ってくれたが
僕は自分で洗濯をする決断をした
トキロックは自分で洗濯洗剤を作っていた その材料は一通りあるのだが
この洗濯機とて民主主義に法って服を洗うべきだと僕は思った
僕は市販のボールドという洗剤を買ってきた ℓに対する適切分量が記載されているが
ℓの感覚がない僕はこの服に対して何ℓの水で洗うのか検討も付かず
ボールドに付いてきたプラスチックの洗剤をすくうもの(人はこれを何と呼んでいるのだろう)
に洗剤半分ならキレイになり過ぎず汚くもない感じになると思い
そうすることにした 干す時はパンパンしてるイメージがあったので
僕もパンパンして干した 
この日をもってトキロックの洗濯における独裁は終わりを告げた

掃除はもともと嫌いではなかったので適度にやっている
お掃除ロボット君も活用している 彼に頼る時は部屋を片付けてから
でないと同じとこをくるくる回ってるだけになる

いつもどやされながら行っていたゴミ捨ても 自発的に捨てに行くようになった
が そんなに溜まってなければ捨てなくてもいいというルールに変更した

そんな生活に慣れつつある今日この頃 
主夫業に目覚めつつある(結婚してないけど)
ジョン レノンも一時期やってたし(子供もいないけど)

とにかく僕は炊事掃除洗濯出来るバンドマンに昇格したのである
めでたし めでたし









posted by ギガディラン at 01:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

乳首の方で

今日の夕方
病院の休憩室でトキロックに”fake a fake"のMVを見せた
トキロックは一瞬 車椅子から立ち上がりそうになり ハッとなって
「立てないけど スタディングオベーションだ」と言った
そしてその思いを監督に伝えて欲しいと言った
僕は「乳首の方でスタディングオベーション」してると伝えておくよと言ったら
笑いながら そんなこと言ってない"立てないけどスタンディングオベーションだ"と
真剣に言った

京都の美才 篠田監督が素晴らしい作品を作ってくれた
いや くれたじゃないね 作っただね  
mothercoatにとっても新鮮であり 僕にとっても新鮮な作品である
"fake a fake"という曲を良い意味で裏切ってくれた
僕はとても気に入っている みんなにとってもそうであったらいいなと
ドキドキしています

とりあえず 見てみて



あと "GOHUM"の歌詞ブックレットpdfを公式webの方でダウンロード出来るようにしたので
もし、あそこ何て歌っているのか気になってた人いたら 驚くもよし がっかりするもよし 
是非、見てみてくださいな http://shop.mothercoat.com/42


昨晩 4人でミーティング 一難去らず また一難 これぞmothercoatなのかと
今のうちに心も体もオーバーホール 
posted by ギガディラン at 23:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

a month

あの日以来 家のベランダに鳩が来なくなった
3日後くらいだったか 怪我をして飛べない鳩が家の周りを歩いていた
単なる偶然か この鳩と話せたら何かわかるかもなと思ったりした

思いがけないことは起こるものである
僕にとっては嘘のようなことが あなたにとっては
本当のことであっても もはや僕は驚かなくなった
僕にとってだとか あなたにとってだとかが
何の役にも立たない世界が人の心の中にはあるということ

多くのことは笑って楽しくやればいい
いつだってそれが僕の最優先事項である
ほんの少し世界とあなたと自分を見つめなおす時間をとろう
世界もあなたも僕も疲れきってしまうこともあるのだから

霞んだ視界にボタンをかけて
あなたを待つよ 夢の続きで
posted by ギガディラン at 23:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

宝を探しあてれば自然とムードは良くなる

昨日は午前中雑草を抜き 畑を耕し 石灰と肥料を撒いて 秋冬の野菜に備えた
このタイミングを逃すと全部おざなりになりそうだったので良かった
みんな お疲れさん ギガ満足です

昼食後 スタジオにていくつかの新曲のセッションを 16小節に何時間も費やす
宝探しのような作業 僕も日増しに遠慮がなくなっていく ムードメークが大事だと
思ってた時期もあったが 最大のムードメークは結局のところ宝を探し当てることだ
昨日はいくつかの宝を探し当てた事で(後日落ち着いて鑑定してなくてはいけないが)
セッション後は僕もフクもジュンペイもご機嫌で
あった ジュンは少し疲れたかもしれない ドラマーは作ってる時は損な役回りかも
しれないが 出来てからは得な役回りとなるかもしれない 何せmothercoatのビートは
カッコいいからね

気分が良かったので夕食は僕が勝手に買い出しに行って焼き肉にした 
閉店間際のコープさんで半額になっている牛肉と奇跡のラム肉を買い占める
フクの提案で韓国式の乾杯をして久々にワイワイとした食事となった 

そんな中 先日のOTOTOYのインタビューが掲載開始された
多くの人に読んでもらえたらいいなと思います 
ちゃんと話せたとこもあれば
簡潔に話そうとしたり 上手く話そうとして失敗してるとこもあるなと
今 読めばいろいろ見えてきたりもしますが それはそれでいいなと

写真はちょうどトキロックが前日のアーティスト写真撮影で足をくじいて
近代的杖をついていったら それいいねってなって シュールな絵が撮れたね
是非 チェックしてみて下さい
http://ototoy.jp/feature/2015081903


posted by ギガディラン at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

インタビューズ

レコードプレーヤーを手に入れてから
ハマるというほどでもないが レコードをかけるのが心地良い

IMG_2693.JPG

先週はOTOTOYのインタビューがあった
編集長 飯田さんとトキロックと僕と話すこと1時間半くらい
飯田さんとは同い年でもあることもあり 近い感覚があるように思うが
とても不思議な空気感を持っていて インタビューも独特の緩急があって
おもしろかった
結果 特に深い話はしていないが 浅くもなく おそらく飯田さんのバランス
感覚がミュージシャンズトークになり過ぎないようにしてたのかなとも
思いつつ 良い記事になりそうな予感
(ついつい僕はエグみのあること言いたくなるので、、、)

OTOTOYでは今「 ten pura」が無料でダウンロード出来るのと
隠れ名曲?「academic」が限定配信されてるので 是非 チェックしてみて!!!
http://ototoy.jp/_/default/p/54770


その夜はトキロックがsajjanuの大竹君と呑んでるとこに途中参加 
マヒルノの頃から遠からず お互い近寄らずの存在ではあったが
ちゃんと話したのは初めてのことで
彼は間違いなく 世界でやるべき男で 話していて楽しい
知性ある変態 万歳!

今週はSkreamのインタビューに 初めての媒体ということも
あってSkreamの先月号 先々月号の記事に目を通して こっちから
ライターさんを指名し その他にも少々わがままなお願いをした
こっちとしてもそれなりのお金もかかってる事でもあるし
知らない人に届けるにあたってふわっとした記事では困るし
お互いやれるだけのことはやらないと読み手に対しても失礼である
と思っての事だったが 実際やってみて指名したライターの石角さん
は素晴らしかった というより僕が少し媒体関係者やライターさんに
不信感を持ち過ぎていただけかもしれない
そのアーティストに興味があろうがなかろうが仕事として
インタビューし記事はかけるもんで それ故に体重の
のっかってないなあと思う記事もやはりあるわけで
顔を合わせて インタビューされるまではドキドキである
結果 そんな不安も他所に とても楽しい時間を過ごせたし
何より石角さんの雰囲気がとても好きだ 時間許せば
呑みに行きたいと思うほどである とにかく
OTOTOYもSkreamも違った確度からのインタビューになった
と思うので楽しみにしていて欲しい 






posted by ギガディラン at 19:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

お金は回る はず

僕の古いMacBookは時代に取り残されたまま 
体も動くし頭も良くないなりに働いていたが
いよいよもって時代に見放されたので
思い立ってMacBook Proを買った 
音楽やるならメモリを16Gにしといた方がいいよ 
ネットに書いてあったので そうした
apple careを迷った挙げ句つけたら なんだかんだの20万越え
僕の口座は空っぽに 

また バンドの方も海外ツアーの時のクレジット引き落としと
OQUZ関連の出費で(現在、J-LOPの助成金が下りるのを待ってる状態ではあるが)
バンドの口座も空っぽに

実は僕はあるときから 節約的なことをやめた かといって浪費しまくるというわけでもなく
自分の身丈にあう生活の中で 流れに任せていると 案外 お金に困る事無くなり
やがて 使うという感覚からお金っていうのは回すものだっていう感覚に変わってきたのである
僕がライブハウスで落とすビール代はちゃんと僕の元にまた回ってくるのである 
そう思ってると不思議とそうなっていくのである
人は思ってる方向へちゃんと足させ向けていれば 1歩1歩自分のこうありたいになんとなく
近づいていくものであると 僕は思うし 実感している

それにしても今回 僕にしては少々高い買い物であったので感覚的に
OQUZ売れなければキツいなあ である
どうか 皆さんのお金を回してください 必ずそのお金はみなさんの元にまた回ってきますから
ってなんか怪しい投資系の会社の宣伝文句みたいだ 
まあ 怪しいバンドであることに違いはないので、、、
http://shop.mothercoat.com/ 
よろしくお願いします

それはともかく 新しいMacでiPhoneとiTunesの同期が出来るようになるので何かと助かるし
これを期にクラウドとかも使いこなせるようになっちゃおうかなと
logicとかも始めちゃおうかなと
僕も時代に見放されないよう 頑張らなくては 

posted by ギガディラン at 12:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

アイデアの破片を持ちより

OQUZのプロジェクトはまだ始まったばかりで、今年いっぱいは
事あるたびにOQUZについてのアップデート情報を飛ばす事になると
思うので お付き合い願いたい



3年振りのアルバム みんな楽しんでくれてるといいなと
時折、twitterなどで呟いてくれてるのを見て喜んだり
もっと多くの人に届けに行かなければと思ったり(その割に変な販売スタイルで
困惑させてますが、、、)

バンドはOQUZにまつわる作業で言葉尻が粗くなったり
何かに常に追われていたりで悪い空気が流れたりする事が
多かった7月であった
そんな中でもカナダツアー凱旋イベントは楽しかったし、
素敵な仲間が出来て良かった

8月は凡人スタジオで皆のアイデアの破片を持ちより
その出口を探る作業に集中する為 ツアーを数本しか入れなかった
フクノスケが入ってからの1年半 とにかく地に足がついてるのかついてないのか
千鳥足気味に乗り切ってきた部分も多々あり
ここらで ちゃんとバンドであることを再確認し 音楽を作る事に
夢中になりたいと僕個人は思っていて 多分カオスになるであろう
真夏のセッションをとても楽しみにしている

その為に面倒でやってこなかった幾つかのことを
学習しなくてはならなくて とりあえずいろんな機材の
説明書をパラパラめくることから始めている

僕は何故か気軽に音楽が出来ない
いつだって気が重いし 重くないと楽しめない節がある

やっかいな性格だなと思うが 結局 何も成し遂げてないという感覚が
僕をそうさせるのであろう

OQUZを聴きながら 悪くないなと思う
素晴らしいものかどうかは他人が決めること
いろんな反応を謙虚に受け止め
また次の傲慢な作品に繋げようと思う

明日は新宿JAMで乾杯出来ればいいね
アトランタで出会った友達が今、ドキュメンタリーの撮影しに
日本に来てて その一環で明日 ライブ撮影に来るらしく
再会が楽しみ




posted by ギガディラン at 01:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

できるけど しない

誰かに手伝って貰いたかったり
助けて貰いたかったり そんな思いが
ないわけではないが
ついつい 忙しいかな とか そんなお金になるわけじゃないしなとか
考えてしまって
とりあえず事の発端は自分たちだけでやることに毎度なる
それでもそのたびに手伝ってくれる人が現れ
結果 いろんな人に助けられ 活動が
続けられている

それで十分という僕もいるし
もっと認められたいという
自分もいる その心の揺れが
僕のグルーヴとなる

僕が新譜の発売で浮かれてる
時に日本は戦争を出来る国に
なったらしい

批判的な見出しや意見がSNSでも飛び交っている
(その事を批判する気はないけど肯定的な見出しってほとんど
見ないのも気持ち悪かったりする 可決されるって事は
賛成してる人もいるはずなのに)

できるけど しないっていうのも
カッコいいんじゃないか

できるけど しないっていう
見本になるのもいいじゃないか

日本国民の大多数が戦争を望んでないのなら
容易いことだろう

台風が来ている
女の子はなるべくスカートで

僕が望んでいるから






posted by ギガディラン at 23:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

しあわせがピンとやってくる

発売された いつも通り 予定より遅れて
深谷は今34℃ 風も吹いているから
心地良い汗を掻きながら たまに奇声を発しながら
皆 コツコツと作業をしている

ピンという音がして注文のメールが届くたびに幸せを感じる

さてさて ツアーに向けてのリハーサルをしなくては
メインのギターが ネコフェスの時 壊れてることに
気付いてね 違うギターでやらないとです

◆07/18(土)
@ 京都 GROWLY(京都)
Gステ
open/start/act: 15:30/16:00/21:20
adv/door: \1800/2300(+1drink)
bands: ふつうのしあわせ, e;in ,
ベランダ, レゴカメレオン,
アノ ランペ, sewi, schiff, kaiware

◆07/19(日)
@ 十三 FANDANGO(大阪)
バンド使って感情表現 その二
open/start/act: 17:30/18:00/18:45
adv/door: ¥2300/2800+1drink
bands: 響心SoundsorChestrA,
ミソッカス, 密会と耳鳴り, 沢田ナオヤ

◆07/20(月)
@ 新代田 FEVER(東京)
Next Music from TOKYO vol.7"
tour final in Tokyo!
open/start/act: 17:00/17:30/20:50
adv/door: ¥2000/2500+1drink
bands: オワリカラ, PENs+,
otori, ATLANTIS AIRPORT, 午前3時と退屈(O.A.)

取置きは http://www.mothercoat.com/ja/tour/upcoming から
posted by ギガディラン at 16:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

いよいよ明日"OQUZ"発売開始

アルバムが発売される 3年ぶりに
ツアーをまわるたびに次はアルバム持って来るからと
言い続けて約2年 出す出す詐欺にもようやく終止符が打てそうだ

image.jpg

今回 もっとも時間がかかったのはレコーディングとミックス作業で
ある いろんな録り方を試し あーでもない こーでもないと
やってるうちにどんな音が録りたいかもブレてくるという
危うい時期があったり 機材を買い足した故に 録り直したり
気分が乗らないと良いものは録れないという 自分の気分待ちに
あまりに寛容になり過ぎたりetc...
あと 今回本来サウンドマスターであるべくジュンペイさんの調子が
悪くて(僕が追い込んでしまった部分もないとも言えないが)
所謂スランプ状態であったと僕は思っているのだが
その結果 ジュンペイがレコーディング ミックスしたのは1曲しかなく
それはジュンペイにとって不本意(前作Allergiesも彼にとっては不本意で
あったが)なことであると思うし僕にとっても不本意である
故に今のところ制作において(ライブにおいては満足している部分もある)
はメンバーにエンジニアがいるという最大の利点を生かし切れてない
ので次に期待である
発売前日のめでたい時期にこんな事を
赤裸々に書いてしまう自分もどうかしてるなと思いながらも
お待たせしてしまった理由を真摯に述べることで
この詐欺まがいの集団を許して頂きたいなと 甘いか?
音としての最後の砦 マスタリングは前から気になっていた
設立日が僕の誕生日と一緒でもあるM's masteringで滝瀬さん
にやって頂きました それもアナログテープに一度録音してから
それをマスタリングするというやり方で(この事については後日
ちゃんと書こうと思う) 結果 全体に温かみのあるサウンドになり
とても満足している
そしてそれらを経ながらの
タイトル 販売形式 販売方法 価格 送り方等々、、、、、、
会議のたび 議論は長引き 実際そこそんなこだわりいる?という
ようなところや 時に感情が本質の邪魔をして全然違う議論が
巻き起こったり 大通りも横道も渋滞に渋滞を重ねての
今日であります

CDを出す出さないも色々議論しましたが
とりあえずコンパクトディスクがもはや
コンパクトでも何でもなくなってしまったし
ディランが言うように

ふと気づけば何もかも変わりゆくことこそ真理
それならば今日の先頭は明日のびりっかす
とにかく時代は変わりつつあるのだから (時代は変わるより)

僕の根底にはその感覚があり
早いとか遅いとかなどに捉われず
今の自分たちの旬の出し方でやることが一番だなと
こうなりました

image.jpg

image.jpg

詳しい販売形式については
こちらをhttp://www.mothercoat.com/ja/news/1878

レコードプレーヤーがない方はジャケットをお部屋のお洒落ポイントに
飾っておきましょう

Tシャツは着て 汚れたら洗濯して また着ましょう
街で着てる人を見たら ちょっとした同志感を感じましょう

ハイレゾ96k24bitに関してはお好みでどうぞ
44.1k16bitでは感じれない空間を感じれるかもしれません

パソコンがあればそのままCDクオリティー(44.1k16bit)を
CDーRに焼けばいいだけなので もしいつもCDプレーヤーで
聴いてるって人はその一手間を愛おしく思いましょう

スマートフォンの方は44.1k16bitサイズの方はストレスなくダウンロード
出来るかと思います お好みのアプリで聴きましょう

パソコンもスマートフォンもないという方
giga@mothercoat.comまでメール下さい
独自方法で対処します

メンバーが入れ代わるたび ガタガタになりもしますが
這い上がって来るのがmothercoatだなと ある種 最強バンドだなと

兎にも角にもフクノスケにとっては正真正銘の1stアルバムであり
我ながら傑作が出来たと自負しております
これ聴かずして未年を終えることは不可能に近いとさえ思えてます

どうか 皆さんの口を使って 間接キス的なドキドキ感で
"OQUZ"を広めていって貰えれば羊とてうれションするでしょう
どうか3年ぶりのニューアルバム楽しんじゃってください
よろしくお願いします!!!

明日から公式通販で買えます
"GOHUM"(10 tracks data)のみはband campで発売開始です
iTunes等々は しばしお待ちを
今週末から始まるツアーにも勿論持って行くので
幸運な京都 大阪 東京の皆さんは足を運ぶべきであります
お待ちしてますよ 僕はいつでも




posted by ギガディラン at 21:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

ギャバンが言っていた

先週末から6日間ほど関西にいた
socorefactory周年イベントも
Meleでのイベントもネコフェスも
それなりに楽しくてそれなりに退屈で お酒がいつも僕を許してくれて
電車で寝過ごし ヒッチハイクをしたり
弾き語りに多くの人が集まってくれた事が嬉しかったり
大喜利の場の難しさに苦戦したり
10年振りくらいにラブホテルに泊まってみたり
結果 体調を崩してしまったり
充実した6日間であった
お客さんや友人と過ごした時間はどれもこれも特別な時間であった

しかし こんな事で充実してていいのかという不安が付きまとっている故に
上記のような弱冠自虐的な言い回しを含む文になってしまっている
ことを突き詰めると僕は僕のやるべきことをずっと後回しに
してしまってるという事実が日々の楽しみを蝕んでいるという結論に至り
その事にケリをつけなければ もう先へは進めないし
自分の不甲斐なさが最大のストレスである

最近 宗教についての本を読んだのだが どうやら 僕の思考は仏教的思考が
強いみたいだ 簡単言うと神に認められる(最期の審判の為に行動する)的な
思考や 来世の為に今世の行いを良くしておく的な思考ではなく ただただ
今世で仏に近づけるか(僕にとっては僕の描くアーティストとしてあるべき姿に
近づけるか)を日々 探求しその為の苦楽を惜しまないというような
思考であることを知った

ただ モノを作る上で悟りの境地みたいなものに到達する事は
もう作るモノがなくなったと言ってるようなものなので
思考回路は似ているがベクトルは真逆のようなものである
(そんなに仏教の事を勉強した訳ではないが 多分、、、)

最近はジュンとフクノスケの成長の早さに脅威を覚えている
色んな事を吸収し挑戦し良いことも悪い事も糧にしていく様は圧巻である
刺激的である

若さ若さって何だ?
ふりむかないことさ
愛って何だ?
ためらわないことさ

ギャバンが言ってるので
間違いないだろう

いやいや いつからギガディラン
中年気取りだ 関心してる場合ではない

話を大きく変えて
7月20日に新代田FEVERでカナダツアーを一緒に周ったバンドで
凱旋イベントをやるのだが なんと言うか
特別な思いが芽生えたツアーだったので
ファイナルも幾分気合い入ってます
お時間許す限り駆けつけて欲しいと思ってるので
隠れマザコファン含め宜しくどうぞです!

7/20(祝)新代田FEVER
"NextMusicFromTokyo vol.7 final"
open:17:00 adv:2000+1D
w/otori
ATLANTIS AIRPORT
PENs+
オワリカラ
OA:午前3時と退屈


チケット取り置きは
http://www.mothercoat.com/ja/ticket?event=1780
まで
posted by ギガディラン at 23:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

曖昧なターンテーブルに針を落とす

6月に入った 手帳とにらみ合うこと30分
ため息を突き飛ばし 何故 もっと先のスケジュールを
把握して5月にやれたであろうことをやってこなかったんだと
10分ほど自分を責める

先月 実家から持って来たレコードプレーヤーを
ようやく聴けるようにする

image.jpg

あまりにレコードに無知であった故
針圧調整等々 自分で出来るものなのか 調べている内に億劫になってしまっていたのである
実家では母親がたまにクラシックをかけていたが 子供の僕は使い勝手の面でレコードよりも
カセットの方が優れていると感じていた 音が良いとか悪いとかはギガ家は無頓着であるにも関わらず
とにかくそれなりのものは持っておきたいという見栄っ張りな性格が働いてか
そこそこのステレオが家にはあった
今はなんでもレコードで聴きたくなっているが きっと僕のことだからすぐ飽きてしまうだろう
そして次はカセットだ!なんて言い始めるだろう そして愛すべきはやはりMDであろうと豪語
して死んでいくのだろう 

昨日のスタジオでは 先日フクが弾いていたグッドフレーズを元に新しい曲を作り始めた
とにかく時間をかけず導かれるままにある程度のところまで固めてカナダで試しにやって
みて その後冷静にこの曲がクールがどうかを判断しようと思っていたのだが
今日のスタジオでの録音を聴く限り 僕が乗っけた鍵盤のフレーズ(もしくは音色)が驚きに良くなくて
今 こっそり凹んでいるところだ これは来週までになんとかしなくてはいけない 

昨日の夜は活動の曖昧な部分をきゅっと締めようというミーティングをしたのだが
話はいろんな方面に飛び火し大変であった その席でジュンペイ以外は結構 酒を呑んだので
皆 今朝はそこそこのグロッキーであったことは言うまでもない
そして相も変わらず 曖昧に今後の事が決まっていった 

アルバムの方の出す出す詐欺にもそろそろ決着をつけないといけない
レコ発は皆 頭を丸めて登場しなくてはいけないレベルだよ まったく

明日はSalsaのレコ発を観に行ってくる あまり飲み過ぎないようにしなくては












posted by ギガディラン at 19:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

宇宙に僕

若かりし頃は 振り切れる事が美徳と感じていた
振り切れてないことを中途半端と感じ
必要以上に苛立ちを覚えたり
自分の中途半端さを棚にあげ 他人の
生き方を中途半端と見下したり

そんな自分が今もいないわけではないが
世界と関わり 社会を知れば知るほど
右か左か 0か10かどっちかじゃないと
なんてことは言えなくなる(言った方が盛り上がる事はあるが
それはエンターテインメントとして楽しむ部類のものに限られる)
し言いづらくなる
年をとると 角が取れて丸くなるなんて言われる事があるが
それは三角形でしか考えられなかった自分がやがて四角形になり 五角形になり
どんどん多角的に物事を考えれるようになっただけの話で 丸のように見えて
よく見ると凄まじい数の角が立っていて より多くのエッジを効かす事が出来るように
なってきた姿ではないかと 僕は思っているのだが 
10代の自分から見たら やはりつまらない大人の一種に見えてしまっているかもしれない

とは言え 大人は楽しい 一概に大人という単位ではくくれないことはわかっているが
それでも大人になって良かったと思えるし もっと大人になりたいとも思う 
宗教観のない僕はある時から 自分が宇宙の中のワンピースであることを意識するようになった
おそらく信仰や哲学というようなものは人間が得体の知れない恐怖から少しでも自分の心を守る
ための知恵である(あった)と僕は思っているのだが 宇宙の中のワンピースである事に関しては
絶対的な事実であり スピリチュアルなものでもなんでもない
それでもその事実を認識することで僕はより多くの得体の知れない恐怖を受け入れる事が出来ている
(得体が知れてる恐怖はただただ怖がればいいものである)
簡単に言うと 僕は 僕と宇宙から 宇宙に僕という認識に変わったのである
これはあまり良い例えではないが 
僕の人生という舞台があるとして台本も監督も演出も宇宙(>地球>世界>生命体>人類>)であり
その中で最善を尽くすという感覚に近いような ちょっと違うような 
今はまだ的を得るような伝え方は出来ないな...
僕と宇宙という認識の頃は とにかく自分の台本があり それを他人<社会<国<世界<生命体<....
に崩されたり そもそも台本すら書けなかったりする事で 苛立ちを覚えたり 落ち込んだり 
塞ぎ込んだり 生きる事が嫌になったりしていて 僕が宇宙とどう関わっていくか どう対峙していくか
という あまりにもアンコントローラブルなものと自我を分けて考えていたのである
それ自体が馬鹿げているし こんな事を続けてると人を傷つけかねない
(実際 少し傷つけてきたかもしれない) し行き辛くなる一方だと感じたので 
宇宙(アンコトローラブルなもの)の中のパーツとして自我を持つという事が
今はとてもしっくりきている 

とにかく宇宙の中でいろんな事はおこるものだ 従うも抗うも自由であるが
自我の努力を惜しまず 最善を尽くすことが楽しみでありたいと思う 今日この頃である


明日はソロで弾き語りを渋谷HOMEで 
mothercoatとは違ったギガディランをお暇合えば
是非 観に来て下さい
僕は21時10分から 

2015_05_30_土 @ 渋谷 HOME(東京)
BLACK COFFEE vol.7
※ギガディランソロライブ
open/start/act: 18:00/18:30/21:10
adv/door: ¥2000/2500+1drink
ライブ: yumeiroecho, frills, kotoko,日下奈央美 with Buclic



明後日は吉祥寺 曼荼羅でmothercoat
曼荼羅ということで セットも少し変えてやりますよ
僕らは18時半から
2015_05_31_日 @ 吉祥寺 曼荼羅(東京)
「踊るように倒れそうに」
open/start/act: 18:00/18:30/18:30
adv/door: ¥2300/2800+1drink
ライブ: 雑魚猫タワー, 太田美音(マイクロコズ)





posted by ギガディラン at 22:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

こだわりの無駄な部分が削ぎ落とされていく in GREENSBORO,NC

随分と間が空いてしまったが 忘れていた訳ではない
ようやくまとまった時間とパワーを確保が出来たので
USツアー日記の続きを 

4/9

ニワトリの鳴き声で目覚める 昨晩 ここには外にもシャワーが
あるよ聞いていたので行ってみる 母屋の横の庭ともただの森とも言えない
ところにひょこんとシャワーが付いているではないか
朝日の木漏れ日と共にシャワーを浴びる
ニワトリ達の卵で目玉焼きを作り
パンとサラダとサンドして食べる  
明るくなって全貌が明らかになった池の周りを散歩してると
あっと言う間に出発の時間だ 

いろんな価値観や環境に触れ合う事で 頭の中だけで
構築されたこだわりの無駄な部分が削ぎ落とされていく

ノースカロライナ州グリーンズボロに向けて車を走らせる
僕が運転をしフクが助手席に
道はフクに任せる 途中で
道を間違ってるな(遠回りしてるな)と感じていたが
フクに任せる とにかく任せるという事が
重要なのである とにかく失敗したなと
自分で思い 自分に苛立ち 自分で修正する
中(取り返しがつくような失敗で収まるような
ことであるなら)で成長していく事が
mothercoatの一員として大事だと僕は思っている
のだが 僕の個人的な考えでロードインの時間に
遅れて良いという理由にはならないので
僕は僕で自分の考えに対しても常に疑問符を落とし
時と場合を選び続けなければいけない

途中でジュンとジュンペイコンビに
運転 助手を代わりグリーンズボロにちょい遅れで到着する
今日はライブ前にとあるスタジオで
スタジオライブとインタビューを収録する事に
なっていたのである(このスタジオの主であるランディーのバンド
がSXSWでオースティンに来ていて たまたま道を歩いてたら
カッコいい音楽が聴こえてきたので入ったというのが
僕らのライブで その後 音源も買ってくれて帰りの車内でずっと
流しながら帰った後に調べたら あれ グリーズボロ来るじゃないかと
それならば 自分達がやってるWEB番組にも出て欲しいという事で
メールが来たのであった)
見た感じは言い方悪いが ボロボロの建物の中に
あるボロボロのスタジオであるのだが
収録はそこそこ本格的で少し緊張する 
"nipple cider"を演奏し 

10613055_10153254403189540_2764594603600826439_n.jpg

インタビューを終える 
いつ放送されるかは まだわからないが 
気ままな感じもあったのでいつか連絡くるでしょう 

Wendy'sで小腹を満たして
今夜の箱というか家へ 
今ツアーでハウスショーした中では最もちゃんとした
家であったが こんなとこに人が集まってくるのかな
と 今夜も寂しい感じになるのかなと失礼な事を思っていたのだが
始まってみたらびっくり どこからともなく 続々と集まって来るではないか
ランディーとマット周辺の人が僕らの事を宣伝してくれてたことや
実際でオースティンで僕らを観たというバンド仲間等々が集まってくれた
ことやら何やらでライブは大盛況であった 

11011006_749766645140697_2580389565259521681_n.jpg 

ランディのバンドもゴリラズみたいでクールであった
マット(DJのサカグチマナブに存在が似ている)の彼女がとてもキレイで
なんでこんな男にこんなキレイな娘がと嫉妬してみる

結局 全部終ったのが2AM くらいで僕とトキロックは疲れて
そのままバタンキュー 他の3人はランディー達のスタジオで
打ち上げというかアフターパーティーみたいなのに
行って大変だったようだ(ハッパピーポー達との止めなければ延々と
続くセッションに巻き込まれて帰れなくなったらしい)

カロライナ地方に入ってからまた良い波が来ている
明日は再びノースカロライナ州へ いよいよUSツアーも終盤戦である

 
posted by ギガディラン at 13:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

さて どうなることやら

USツアー日記みたいものを書き終えないままに
5月を迎えてしまったが いつまでもアメリカな気分では
いられない もちろん 書き終える気ではいるが 
さてどうなることやら

日本に帰って来てからも いろんな事が起こっているし
いろんな事をサボっている いろんな事は花粉のせいにしておけば
大体の事は納得出来る 今年は特にぐずつきが激しいのは
周知の事実なのだから

僕らが植えたネギたちは夏に向けて着々とネギ坊主を咲かせ始めている
慌てて収穫しているが 追いついていないのが現状である 
そんな中 夏野菜を植えたりもしているが さてどうなることやら

先日は凡人会なるものを密かに開催し 前から招きたかった友人を
招いてパーティーをやったのだが女子が集まると 存外 下ネタがフィーバー
して盛り上がるという現象が起こり そこにご近所の羊の飼ってる事で
有名なヨシオさんがふらっとやって来て 昭和の男が油を差して
凡人ハウスは望ましいカタチの炎上をしておりました 
僕もメンバーも随分とリラックスして楽しめた日になった事もあり 
また やれればなと思ってますが さてどうなることやら

そして 4月の新宿LOFT 仙台SHAFTと調子良かったので 
この勢いのまま5月のツアーも良いものなれば良いなと思ってる
とくに凱旋みたいな気はなかったのであるが
周りがそういった感じで盛り上げてくれるので
あやかれる部分はあやからしてもらおうかと
何はともあれ 成長したであろうmothercoatのライブを
目撃しに来て欲しい事は確かである 

◆05/03(日)
@ 新宿 JAM(東京)
JAM FES 2015
bands: 6日間で300組以上のグループが出演!
イベントウェブサイト:
http://jamfes2015.com/top.html

◆05/06(水)
@ 南堀江 SOCORE FACTORY(大阪)
Moccobond&マイミーンズWレコ発
bands: Moccobond, マイミーンズ,
GRIKO, ガリザベン

◆05/07(木)
@ 北堀江 club vijon(大阪)
club vijon pre.
[その時歴史が動いたような気がする]
~mothercoat USツアーから大いなる帰還~
bands: AYNIW TEPO, hrimnir,
aomidoro, カトキット, 吉野, アカルイミライ

◆05/08(金)
@ 新栄 CLUB ROCK'N'ROLL(愛知)
発育のいい音感
bands: the senca, ザ・サイレンズ,
ジェットサンダース

◆05/09(土)
@ 下北沢 GARDEN(東京)
「Grab the world!!」
〜USツアー凱旋だよ、全員集合!〜
bands: BO-PEEP, ZARIGANI$,
MOLICE, tokyo pinsalocks, つしまみれ
その他: 【food stand】渋谷カンティプール(ネパールカレー)

◆05/23(土)
@ 下北沢 BASSMENTBAR(東京)
『Beat Happening!
下北沢7DAY PANIC!極GROOVE!』
bands: H Mountains, my letter,
A Month of Sundays, ドミコ

◆05/26(火)
@ 渋谷 club asia(東京)
【ROCK ACTION】
bands: Buffalo'3, Day and Buffalo,
The Roamers, thatta, ...and more!!
DJ: 遠藤孝行(FREAK AFFAIR/New Action!), 八木橋一寛(KIWA KIWA/MELODIC SUNSHINE), and more...
その他: ASAKA(VJ), みやん軒(FOOD),

◆05/31(日)
@ 吉祥寺 曼荼羅(東京)
「踊るように倒れそうに」
bands: 雑魚猫タワー, 太田美音(マイクロコズム)

イベント詳細とポイント貯まる
チケット予約お待ちしてますぞ!!!
http://www.mothercoat.com/ja/tour/upcoming


現在 USツアーを経てmothercoatの音源が全て売切れてしまい
売れる物がTシャツとネギだけになってしまっている
2015年 渾身のニューアルバム"OQUZ"を日本でも早く発売したいのであるが
いろんな段取りが 段取られておらず さて どうなることやら

 
  
 
posted by ギガディラン at 02:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

絵に描いたような充実

月曜日からワンマンに向けての集中リハをしている 
体に入るまでには時間がかかる 何度も何度も繰り返し
新曲と懐かしい曲を練習する 
花粉のせいもあってか頭がぼーとしている 
その事が僕をトランスさせる 
トランス状態の僕は 毎回同じとこを間違える
それでいいのである 後はよく間違えるポイントに意識を
ほんの少し注入すればいいだけである 
(がついついトランスしたまま 相変わらずミスをし続けたりもしている)

他の皆はどうやって調整していってるかわからないけど
皆 練習の成果を発揮してきてるように感じる 

リハ終えて少しレコーディングを 
今回のアルバムのレコーディングとミックスの多くは僕が
やっている ジュンペイはここのところどうも調子が良くなく
ちょと悪いトランス状態に入っている 

レコーディングを終えて フクが作った焼きそばを食べて
ワンマンのセットリストを決める もちろんすぐには決まらない
5人分の思惑をぶつけあって 押し通したり折れたりしながら
なんとか 決め切る 
明日のリハーサルは全曲通しを何セットかやると思うが
エフェクターの設定や機材の使い分けでわたわたする絵が
今から見えてる それもまたワンマンの醍醐味である

そんな中 USツアーに向けて発注してたもの達が続々と届く
意味も無く新しく買ったスーツケースを開いてみたり
寝袋に入ってみたりとはしゃいでいる
毎日のように進展があり先日発表したツアースケジュールに加え
いくつかライブが決まり まだまだ増えそうな気配である
今のところ多くの事は順調であるが いよいよ持って
アルバム制作のリミットが近づいて来ていて
ワンマン後は鬼の形相(自分に対して)で仕上げる事になりそうだ

絵に描いたような充実した日々を送れているのも
いろんな人の協力あってのこと 生きてる実感と生かされてる実感
が交わった時 最も素直なありがとうが言えるものである 

それにしても今日も疲れた ありがとう おやすみ Good night...
posted by ギガディラン at 02:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

1週間

昨日 あたたかかったのに 今日はまた寒さを取り戻した
花粉が飛び始めているのだろうか 耳鼻咽喉がもぞついている

気がつけば2月も終りに ワンマンまで後1週間
今出来てない事が急に上手く出来るようには
多分 ならない 僕らは出来る事 もしくは出来そうな事を
ひた向きにやるだけだ

新曲たちは まだ余地余地歩きを始めたばかり
それでも輝いてるように感じるのは きっと良い曲だから
生まれたての作品はいつだってかわいい

チケットWEB予約特典は2月いっぱいまでなので
まだ予約してない人は明日予約して是非"mackerelgar"を
GETして下さいな
http://www.mothercoat.com/ja/ticket?event=1629

2015_03_06_金 @ 新宿 JAM(東京)
mothercoat presents ' N G ' vol.5 ONE-MAN SHOW!!
open/start/act: 20:00/20:30/20:30
adv/door: ¥2300~/2300~+1drink
※22:00よりチャージフリーのafter party
after partyのドリンク代は1d¥300 or 2h飲み放題¥1000



image.jpg
posted by ギガディラン at 02:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする