2014年06月02日

多感な年頃

一昨日は札幌から帰って来て
成田から東中野ポレポレへ
トキロックとジュンとフクノスケと
(ジュンペイは映画が苦手だそうだ)

映画を見る機会がまた増えつつある
またというのは こんな僕も18歳から21歳くらいまで
は随分と映画を観に行ったり レンタルビデオ屋で借りて
観てた時期があったのだ
しかし その時はえらく感動したり また観たいなと
思ったりするのだが 時と共に忘れ
今や お勧めの映画は?と聞かれても ひとつも思い浮かばない
くらいつまらない男になってしまった事に焦りを感じつつも
忙しいからという理由で 近年 映画を観る機会を拒んでいたのだが
フクノスケという今最も多感な年頃の男と住む事により
(フクノスケは映画がとても好きだ)
また映画への関心が高まりつつある

今回 観に行ったのは
ハル・ハートリー監督の"The Unbelievable Truth"
これはラブコメなのだろうか?
その独特のセンスにいつの間にか
引き込まれてしまい
2本目の"Simple Men"も観る事に
役者の3分の2くらい1本目と一緒で笑ってしまったが
展開の無理矢理感をつなぎ止める(許してしまう)センスが
おそらく抜群なんだと思う
とは言え 人にお薦めするほどの映画ではない

僕自身 自分がこの映画を退屈せずに観れたことが不思議である
のだ まるで自分の中の見たこともない引き出しが開いて
"やあ 僕 案外こういうの嫌いじゃないよ"と手を振られた
ような感覚だったのである
だから確信を持って素晴らしい映画だったよと
今の僕にはまだ言えないのである

翌日 去年知り合った 魚山監督のドキュメンタリー映画"yell"
が高崎SUN BURSTで上映会をするという事で
トキロックと行って来た
ざっくりどんな映画かと言うと
群馬県のとある限界集落の中学校を舞台に
その1学年12人しかいない生徒が我武者羅応援団
(僕は映画を見るまで知らなかった)
と出会うことにより 本当の意味での応援とは何か?自分と向き合い
成長していく姿を半年間に渡り撮り続けた映画である

監督の思惑通り 見事に泣かされてしまった
何がいいって 監督には失礼だけど全然作り込まれて
ないところが  いいのである
昨日観た映画がかなりスタイリッシュだったので
よりそう感じたのかもしれない

会場にその生徒達(今は高校生)も来てて少し触れ合ったんだけど
女の子っていうには本当に綺麗になっていくなあと感心した
それに比べ 男は中学生の頃と変わってなくて(見た目だけの話)
心配になった、、、(余計なお世話だよ!)

映画に曲を提供してたtoi toi toiの2人にも久々に会えたり
SUN BURSTの店長さんとも久々に話せたりしたりと
何かと有意義な一日に

帰り 高崎駅でuccのブラックコーヒー買って飲んだ
やっぱりブラックだと これだな










posted by ギガディラン at 01:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

ノルウェイの森

小説は随分と前に読んだので まったく覚えていなかった 
昨晩はバイトを終えてビール等と飲みながら映画でも観たい気分であり
レンタルビデオ屋へと足を運んだ 新作だけど一週間okに魅かれ借りた 

正直原作を知らないと 楽しめない映画かもしれないと原作を忘れてる僕は
何故か楽しんだ 映像の美しさやカメラアングルのおもしろさや編集のやり方
に時に気を取られながらも 独特の温度感を視感してたら眠気に襲われ寝た

普段 ほとんど夢を見ないが 今朝は夢を見た 実家にいてダウン症の弟が
家族に自分はこの先どうやって生きていけばいいのかという事を訴えていた
バっと目が覚めた僕は泣いていた こんな事は初めてで驚いた 

トキロックが朝ご飯を作ってくれてそれを食べながらまた映画の続きを観た
正直原作を知らないと 楽しめない映画かもしれないと再度思いながら
原作をところどころ思い出しながら観た 松山ケンイチがバイト先の有賀君に似てるなと
思いながら観た クールビューティー これが僕の印象であり感想である 
感動も興奮もそこにはないけど ふわふわとした満足感がある 
日常の全てがこの質感に捉える事が出来たら どんな人生も案外悪くない
キヅキ君が何故 自殺したかについてトキロックと意見が若干割れる ガラスの十代である

ビートルズのリマスタリングされた"ノルウェイの森"にびっくりする 
録り直したかと思ったよ 

今日はどっぷり製作に浸かりたいが 吉祥寺に忘れてきた手帳を取りにいかなければ…

 


posted by ギガディラン at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

傑作に出会うしあわせ

今週観た 映画は"ゴールデンスランバー"と"さや侍"と"暴力と待機"
伊坂幸太郎は伊坂幸太郎で ある一定のクオリティーが約束されているような
それ故に慣れてしまった僕は更にを求める 慣れは怖い また足りなくなる

それと同じように 松っちゃんにもどうしても過剰な期待を未だに僕はしてしまう
松本人志という先入観を持たずに観る事はもはや日本では不可能だろう 
ポイントポイントでおっ来た来たとなるも もっと来いもっと来いとなる
後半 綺麗に纏めてしまった故の物語としての強さが この映画の弱さになった気がするのは
僕の中の松本人志がきっと尖っていて欲しいからなのかもなあ 

そんな中観た "暴力と待機" なんの情報もなしにふらっとタイトルに惹かれ借りたというのもあるかもだけど
このカウンターアタックに 衝撃を受け ぶっ倒された 
正直 この映画を超えるものをこの先 何作観れるか不安である 
素晴らし過ぎるの一言に尽きます 全てにおいて抜かりなし 完璧な映画だと思います

去年 劇場に観に行けなかった事が悔しい

多分原作も素晴らしいんだろうけど それを読む気になれないくらい満足してしまってる自分がいる  



posted by ギガディラン at 00:28| 東京 ☀| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

ツアーの合間にDVD

"サンキュー スモーキング"という映画はとてもおもしろかった ブラックジョーク満載で
僕の感性どストライクな映画だった 微妙に家族愛みたいな 親父と息子の絆みたいなのを挟んでくるあたりがアメリカっぽいなと こんなのなくても良いのにと思ったりもしたけど それなかったらそれはそれでただの悪趣味な映画になっちゃうのかなと思いつつ 僕が悪趣味だからなあ


"ゼロの焦点" 古い時代を描いたものを最新技術を駆使したような映像でやられると少し違和感を覚える 中谷美紀の演技がたまらなかったが 子供の時の回想シーンは強引過ぎるだろう 
映画というよりは テレビドラマっぽかった

"シャッターアイランド" ディカプリオ 怖かった 自分にもあり得そうで 自分の正常であるって
自分が言ってるだけだったら とか考え始めると怖い 途中からなんとなくラストが想像出来てしまったけど おもしろかった

posted by ギガディラン at 03:14| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

東京島

ツッコミどころ満載過ぎて なんだこの映画は〜って言ってたら終わった 

なんかノリが"僕らの7日間戦争"みたいだったな 宮沢りえ なつかしい 宗田おさむ まだ
あのシリーズ書いてるのかな 小学生の時は読みあさったなあ 

今年の夏はソウヘイが言ってた海行きたいな 7月までは何せつっぱしるから 8月はちょっとしたバカンスしてもいいだろう〜 

 

posted by ギガディラン at 15:16| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

しんぼる

松本人志 

影響受けてない訳が無い ダウンタウンがいなかったら
恐らく僕は コブクロみたいな音楽をやってただろう

ビジュアルバムの頃をひとつのピークと思ってしまう自分
がうっとしい 

今日 朝8時に起きて 9時から"しんぼる”を観に行ってきた
しかも 大泉学園 松本人志の映画を観るということはそういうこと
自分が最も笑える状況を自分で作る 
水曜の朝9時の大泉学園で松本人志の映画を観る奴なんて 思った通り
僕とトキロックとおっさん一人とおばさん一人と若い女の子一人の
計5人 100人は入るだろう映画館で しかも若い女はあろうことか超絶観にくい前から3列目に座ってて おそらく彼女は松本人志を尊敬していて ずっと見上げていたいのだろうと推測 

見終わって いろいろ思うことはある  観て良かったっていうのは
間違いない ただ 海外を意識して作って欲しくなかったのは僕個人の
思いかな  松本人志は言葉を発して僕(僕ら)を魅了して来た それは見た目の面白さや雰囲気のおもしろさ以上のもの  だからどうしても
セリフを求めてしまった あっ 結局 笑いを求めてしまってるなあ これは映画作品なのに ムツカしい 思い入れがあり過ぎるね 
松ちゃん好きな人はフラットで観るのどうしてもムツカしいよ きっと 

でもずっと気になるんだろうなあ 

そしてやっぱり浜ちゃんはすげーなあって思ってしまったよ 


 
posted by ギガディラン at 14:33| 東京 ☀| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

エヴァンゲリオン

観よう観ようおと思って やっと先週観に行けた
映画館じゃないと これは駄目でしょ 

やっぱりモノ作りには人を楽しませるというサービス精神が
ないと駄目なのかもなあ 

エヴァ史上最もサービス精神に溢れた作品だったんじゃないだろうか
素直に楽しんだ これも全て ゼーレのシナリオ通りなのか

どうなんだ 碇? 
posted by ギガディラン at 03:16| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

腑抜けども 悲しみの愛を見せろ

漫画みたいに 生きたらいいと ほんとに思う

漫画にしたくなるような 人生を送れたら

それほど幸せなことはない

最高に笑える映画だよ 映画館でみたかった
佐藤江梨子のスタイルの良さにひれ伏した
永作博美演じるマチコさんに夢中 夢にでてきそうだ 

明後日 ライブ 新曲「ムイミ」やるよ
SORRYS!もかっこいいから 観に来て下さい

12月13日(土)東京 新宿Motion
"スプラッシュをあげろ!!"
w/SORRYS!/Metro-Ongen/日の毬
adv/door 2000/2300
open/start/act 18:00/18:30/20:10~ 

チケット予約はticket@mothercoat.comまで 
posted by ギガディラン at 03:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

善き人のためのソナタ/イン ザ プール

善き人のためのソナタ

ラストで見せたちいさな笑顔 そこで涙がぽろり

前からドイツという国に興味がある やっぱりヒトラーにも興味がある ベルリンの壁崩壊後の2,3年も気になる とても不思議な国



イン ザ プール

ふざけるって いい ふざけるなって言われてからが勝負だ
posted by ギガディラン at 11:26| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

THE SUN

クライマックスすべて「あっ そう」でもってった ほとんどアドリブなじゃないだろうか最後のシーン 恐るべしイッセー尾形と桃井かおり 

色合いがもう日本の感覚じゃないんだろうなあ とても美しくどこか悲しい色合いだったなあ 

sun_pct1.jpg

ロシア・イタリア・フランス・スイス合作映画 日本とアメリカにはこれは描けない 素晴らしかった
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

posted by ギガディラン at 04:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

アヒルと鴨のコインロッカー

伊坂幸太郎の原作を見事に上回ってた 映画としてほんとに釘付けに
なってしまった ドルジ役の瑛太の微妙な話し方とか 一瞬セリフヘタクソだなと勘違いしてしてしまったが 話しが進むにつれて そういう微妙なしゃべり方の意味も完全に繋がってすごいなあと感動した 全体的に切ないんだけど ちゃんとユーモアがたくさん盛り込まれてるのもすごいよかった 最後ボブ・ディランの「風に吹かれて」を聴きながら涙もろい僕はこらえきれなかったなあ 

あと 大塚寧々と松田龍平 かっこいい 

大満足  
posted by ギガディラン at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

大日本人

ビジュアルバムで鳥肌を立ててのは もう何年前の話しだろ 
勝手な僕はそれ以上の刺激を求め過ぎたかも 見方が悪かったのかも
要所 要所でぴくぴくきたんだけど エッジが足りないから刺さらなかった 特に最後は 松本人志の言葉で締めて欲しかったんだよ DVD出たらもう1回観るけど 
posted by ギガディラン at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする