2016年03月15日

そろそろそろりとひとり旅

重い腰と頭を上げてというか上げさせられたというか
弾き語りでライブを2本やることにした。

IMG_2610.jpg

京都二条nanoの12周年に誘われたのは去年の12月12日のことであった。
1212で被せてくることでより12周年に対する思いに重みが増すという京都的というか
モグラ流というか身の引き締まるオファーメールに惹かれたことと
ちょうどここ数年はUSツアーとかぶっちゃってnanoの周年に出れなかったことも
合間って謹んでお受けしたわけである。
村島にドブロク、初めてのパンパンの塔、夜行バスのチケット取っちゃったから
朝まで呑めないのが残念でならない。
僕の出番は19時20分からになるから仕事、学校終わりで駆けつけておくれ。

2016_03_30_水
@京都nano
12周年月間第23夜 「聖者の行進」
adv/door: ¥2000/2500+1drink
w/村島洋一,ドブロク,パンパンの塔,


そして当初その1本で気持ちはいっぱいいっぱいであったのだが
北堀江vijonの松藤さんから電話が入り一度誘われた日程が4月の頭で
お断りしたんだけど、一応30日にnanoが入ってますということを伝えて
置いたら、さくっと29日のイベントをバラして新しいイベント作るからって
真面目なトーン(松藤氏は電話だと妙に神妙な声色になる節がある)
で言われたので謹んでお受けしたわけである。
後日イベントタイトルが ”5-1+1-4”というvijonの愛のある悪ふざけ全開の
タイトルになっており、しかも僕がメインみたいな扱いになっているので
少し気が重い節もあるが気にせずやります。 
僕の出番は21時25分から
打ち上げで呑み過ぎてたら止めてくれる人募集です。
あと泊めてくれる人もいたら助かるねえ。

2016_03_29_火
@北堀江 club vijon
5-1+1-4
adv/door: ¥2000/2500+1drink
w/soratobiwo, SAURUS,宮地(memento森),ワダアツシ,テロット


そんなこんなでツアーに行くわけだが、上記にも書いたが
ここ2年ほどこの時期にUSに行っていたので花粉のことを
すっかり忘れていて先月までは、おっ体質改善されたのでは!?
と油断する程度のくすみ具合であったが、それほど甘いものではなく
昨日、矢部耳鼻咽喉科に駆け込んだわけだが、先生がそこそこの
おじいちゃん先生で、素足にお洒落サンダルという出で立ちで手つきが
また女性的というかオネエ系というのかなかなかの好印象な先生で、
俊敏かつ滑らかな手つきで僕の鼻孔をチェックし
「く・す・り なんか好みある? 私が選んだのでいい?」
と妙な色気を出して尋ねてきたものだから、とっさに竹内豊的なトーンで
「30日分お任せします。」と返した。
どおりでここの耳鼻咽喉科人気なわけだと納得した。
(待合室には病院とは思えない数の漫画があるのも人気の秘訣かもね)

なんにせよ体調も整えて、精一杯歌えるようにね
二日間あるのでセットリストも変えてやろうと思ってるので
余裕ある人は二日間聴きにきてくれるとより楽しめると思います。

チケット予約はhttp://www.mothercoat.com/ja/tour/upcomingまで
よろしくです!!!
posted by ギガディラン at 21:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

バンドは今もなお息をしている

言葉は選ぶものではあるが、どうにも言葉を選りすぐらなければ
何も書けないような日が続き、取り繕うのか?曝け出すのか?
どちらもしっくりこず何も書けないでいた。
こういう状態が続くと次第にFBを見るの、人に会うのも面倒になり。
殻を作って閉じこもり、自分よがりな思考の中で良し悪しを判断しかねないなと、、、
そしてなんとなく宗教やドラッグに手を出してしまう人たちの気持ちがわかったような
気になったり、そして何よりバンドの歯車が噛み合わなくなり崩れていく恐怖。
そういったような事が少なからず自分の中の小さな引き出しから出てきたり
して、あーこれが所謂正念場ってやつかと思い、とりあえず
かなり遅めの「明けましておめでとう」をいう事から始めてみようか。 

そしてしっくりこないなりにもここ半年の事を書いておこうと思う。

バンドは昨年8月21日にトキロック(?.vo)が転落事故により負傷して以来
ライブ活動を休止している。その際、トキロック抜きでツアーを続ける案も出たが
僕はそれを望まなかった。マイナスをプラスに変え素晴らしいパフォーマンスを出来る
自信がその時点ではなかった。悪戦苦闘し見るに堪えない姿を見せてもいいじゃないか
というのが僕のアーティストとしての信条であるが、誰がそれを見たいんだ?という
思いと誘ってくれた人たちの顔を浮かべるとその気になれなかった。
(僕らはまだそのレベルの存在に達していない)
それと同時にトキロックの状態を病院で目の当たりにして、治療の手助けと並行して
ツアーをするというのは心意気だけではどうにもならないということは明らかだった。
結果、その選択は間違っていなかった。トキロックの回復には心身共に時間を必要と
し、ある種終わりの見えないものであったからだ。
病状についてはトキロック本人の今の意向もあり公表はしないが、
楽観は出来ないが悲観することもないような状態が続いていることだけは
伝えておこう。
今は回復へ向け彼女を支え続けることが僕の最優先事項であり、
絶対に逃避してはいけないことである。

とにかくあの日以来生活は一変したわけだが、不謹慎にも最初はその事が新鮮で
あり楽しかった。バンドの活動日以外はバイト→病院→家という生活を1ヶ月半
ほど送り、トキロックが退院してから1ヶ月間は家で主夫として家事と身の回り
の世話をしていた。掃除、料理、洗濯、野菜作りetc,,, その時は特に料理に気合
入れすぎてガス代が随分上がったので反省したが、どれもこれもやってみると
面白みがあり楽しかった。
トキロックが昼寝してる時は英語の勉強をしたりもした。(身についたかどうかは謎)
とは言えどれもこれも時間があってこそのもので、12月になり音源を本格的に
仕上げようと動き始めたあたりからバイトも少しやり始め徐々に手抜きになって
しまっている。

そんな中、長年一緒にやってきているジュンペイ(sounder)も心身共に浮き沈みと
いうか沈みが激しくなっており、彼は彼の中のギリギリのラインでバンドにしがみ
ついてるというような状態が続いていた。
mothercoat、もしくは僕がジュンペイを追い詰めてしまっているような気もして
何度も話し合いをしたりはしているが一度ハマったループから抜け出せず、
一度、バンドを休んでいろいろなことを整えた方がお互いにとって今は良いと
いう結論を僕が出しジュンペイも納得するカタチで今はバンド活動には参加して
いない。

そういった状況ではあったがジュン(dr)とフクノスケ(gt.?)のバンドに対する意識の
高さに恵まれmothercoat books http://mothercoat69.jugem.jp/
というものをやることも出来たし、特にフクはMVを見事に完成させ
(当初は僕も少し提案をしたりもしたがどこに向かっているかわからず不安であったが)

そして“gods/Quiz”という作品を発売することが出来たのはmothercoatの底力で
ありワンマンバンドでないことの誇りである。完成までにも書けば長くなる物語が
あるのだが、とにかくこのタイミングで作品を残せたことは良かったなと思う。

買ってくれると嬉しい。
https://itun.es/jp/UghRab
http://ototoy.jp/_/default/p/60316 … … …
https://mothercoat.bandcamp.com
https://monstar.fm/mothercoat

ざっと書くとそんな半年であった。

そして今もバンドはスローペースながらも動いている。
新曲をレコーディングしたり、曲作りしたり、練習したり
機材を新しくしたり、僕は僕でDAWソフトというものを初めて導入して
バイトの合間に勉強しながらあくせくやっている。
時間は巻き戻せないという当たり前ことに従って
あの頃に戻ろうとは今は思わない。
とにかく誰も死なず、誰も辞めず
バンドは今もなお息をしていることだけは伝えておきたい。


ふう、少し疲れる文になったけど、僕はそれなりに元気で、
相も変わらず根拠のない自信と諦めの悪さには今も定評があるので
どうか心配なさらず。

こんなバンドに愛想を尽かさないでいる
人生楽しみ上手なみんなに会いに行けるよう
最善を尽くし続けるのでどうか記憶の片隅に
ホッチキスで留めて待っていてくれれば励みになります。

このブログも広告ばかりにならないよにしなきゃな、、、







posted by ギガディラン at 19:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

大丈夫

そう思いたいし そう思えてたことが そうではなかった

考えても仕方のない不安は考えないようにしている
考えても仕方のない不安がある事実を棚に上げて

僕には才能があった。棚に上げれる才能が
だけど、棚に上げれない人にかける言葉は見つからなかった
僕が言えることはいつだって根拠のない「大丈夫だよ」だけである

そう思ったことが そうなるように そうするだけである

僕もあなたも大丈夫 
posted by ギガディラン at 00:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

主夫の目覚め

毎日、病院に行っている 同じ道だと飽きるのでいろんな道で行っている
別に遠回りになっていてもいいのだ 深谷に住んで3年と少しになるが近場でも
まだまだ知らない景色があるもんだなと思いながら ガソリンの無駄遣いだなと
思いながら病院と家を行ったり来たり

先月まで行ったことのなかったディスカウントスーパーTRIALに恋をし今は通い詰めている
面会時間の終わりが20時 その後行くとちょうどお肉やサラダが半額になっていることや
スーパードライが税込185円であることが今の僕のハートとお財布を癒してくれている

凡人ハウスには冷蔵庫が二つあるのだがその一つはほぼトキロック専用みたいになっていた
トキロックはヨーグルトやら味噌やら漬物やら何かと自分で作っていたのだが
タッパーに入っていた怪我する前に作っていたであろう味噌が
発酵?し蓋を押し上げ冷蔵庫の中味噌まみれという事件が起きていた
僕は冷蔵庫を整理することを決断し、この先使うことはないだろうに惰性で
凍らされてるだけの食材を全部捨てた。ヨーグルトも怖くなって捨てた
この冷蔵庫とて民主主義に法って食品を冷やすべきだと僕は思った
この日をもってトキロックの台所における独裁は終わりを告げた

僕が自分で洗濯というものをしたのは実家を出て一人暮らしをした
1997~1999年の間だけだと記憶している
それ以降は誰かと一緒に住んでいたので洗濯はずっとやってもらっていたことも
あり、僕はこの先ずっと自分で洗濯することはないだろうなと思っていたし
自分は洗濯を出来るほど器用な男ではないとも思っていた
メンバーも僕が洗濯を出来ないことを知っていたし
やさしいフクノスケは僕がギガの分も一緒に洗うよと言ってくれたが
僕は自分で洗濯をする決断をした
トキロックは自分で洗濯洗剤を作っていた その材料は一通りあるのだが
この洗濯機とて民主主義に法って服を洗うべきだと僕は思った
僕は市販のボールドという洗剤を買ってきた ℓに対する適切分量が記載されているが
ℓの感覚がない僕はこの服に対して何ℓの水で洗うのか検討も付かず
ボールドに付いてきたプラスチックの洗剤をすくうもの(人はこれを何と呼んでいるのだろう)
に洗剤半分ならキレイになり過ぎず汚くもない感じになると思い
そうすることにした 干す時はパンパンしてるイメージがあったので
僕もパンパンして干した 
この日をもってトキロックの洗濯における独裁は終わりを告げた

掃除はもともと嫌いではなかったので適度にやっている
お掃除ロボット君も活用している 彼に頼る時は部屋を片付けてから
でないと同じとこをくるくる回ってるだけになる

いつもどやされながら行っていたゴミ捨ても 自発的に捨てに行くようになった
が そんなに溜まってなければ捨てなくてもいいというルールに変更した

そんな生活に慣れつつある今日この頃 
主夫業に目覚めつつある(結婚してないけど)
ジョン レノンも一時期やってたし(子供もいないけど)

とにかく僕は炊事掃除洗濯出来るバンドマンに昇格したのである
めでたし めでたし









posted by ギガディラン at 01:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

乳首の方で

今日の夕方
病院の休憩室でトキロックに”fake a fake"のMVを見せた
トキロックは一瞬 車椅子から立ち上がりそうになり ハッとなって
「立てないけど スタディングオベーションだ」と言った
そしてその思いを監督に伝えて欲しいと言った
僕は「乳首の方でスタディングオベーション」してると伝えておくよと言ったら
笑いながら そんなこと言ってない"立てないけどスタンディングオベーションだ"と
真剣に言った

京都の美才 篠田監督が素晴らしい作品を作ってくれた
いや くれたじゃないね 作っただね  
mothercoatにとっても新鮮であり 僕にとっても新鮮な作品である
"fake a fake"という曲を良い意味で裏切ってくれた
僕はとても気に入っている みんなにとってもそうであったらいいなと
ドキドキしています

とりあえず 見てみて



あと "GOHUM"の歌詞ブックレットpdfを公式webの方でダウンロード出来るようにしたので
もし、あそこ何て歌っているのか気になってた人いたら 驚くもよし がっかりするもよし 
是非、見てみてくださいな http://shop.mothercoat.com/42


昨晩 4人でミーティング 一難去らず また一難 これぞmothercoatなのかと
今のうちに心も体もオーバーホール 
posted by ギガディラン at 23:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

a month

あの日以来 家のベランダに鳩が来なくなった
3日後くらいだったか 怪我をして飛べない鳩が家の周りを歩いていた
単なる偶然か この鳩と話せたら何かわかるかもなと思ったりした

思いがけないことは起こるものである
僕にとっては嘘のようなことが あなたにとっては
本当のことであっても もはや僕は驚かなくなった
僕にとってだとか あなたにとってだとかが
何の役にも立たない世界が人の心の中にはあるということ

多くのことは笑って楽しくやればいい
いつだってそれが僕の最優先事項である
ほんの少し世界とあなたと自分を見つめなおす時間をとろう
世界もあなたも僕も疲れきってしまうこともあるのだから

霞んだ視界にボタンをかけて
あなたを待つよ 夢の続きで
posted by ギガディラン at 23:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

宝を探しあてれば自然とムードは良くなる

昨日は午前中雑草を抜き 畑を耕し 石灰と肥料を撒いて 秋冬の野菜に備えた
このタイミングを逃すと全部おざなりになりそうだったので良かった
みんな お疲れさん ギガ満足です

昼食後 スタジオにていくつかの新曲のセッションを 16小節に何時間も費やす
宝探しのような作業 僕も日増しに遠慮がなくなっていく ムードメークが大事だと
思ってた時期もあったが 最大のムードメークは結局のところ宝を探し当てることだ
昨日はいくつかの宝を探し当てた事で(後日落ち着いて鑑定してなくてはいけないが)
セッション後は僕もフクもジュンペイもご機嫌で
あった ジュンは少し疲れたかもしれない ドラマーは作ってる時は損な役回りかも
しれないが 出来てからは得な役回りとなるかもしれない 何せmothercoatのビートは
カッコいいからね

気分が良かったので夕食は僕が勝手に買い出しに行って焼き肉にした 
閉店間際のコープさんで半額になっている牛肉と奇跡のラム肉を買い占める
フクの提案で韓国式の乾杯をして久々にワイワイとした食事となった 

そんな中 先日のOTOTOYのインタビューが掲載開始された
多くの人に読んでもらえたらいいなと思います 
ちゃんと話せたとこもあれば
簡潔に話そうとしたり 上手く話そうとして失敗してるとこもあるなと
今 読めばいろいろ見えてきたりもしますが それはそれでいいなと

写真はちょうどトキロックが前日のアーティスト写真撮影で足をくじいて
近代的杖をついていったら それいいねってなって シュールな絵が撮れたね
是非 チェックしてみて下さい
http://ototoy.jp/feature/2015081903


posted by ギガディラン at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

インタビューズ

レコードプレーヤーを手に入れてから
ハマるというほどでもないが レコードをかけるのが心地良い

IMG_2693.JPG

先週はOTOTOYのインタビューがあった
編集長 飯田さんとトキロックと僕と話すこと1時間半くらい
飯田さんとは同い年でもあることもあり 近い感覚があるように思うが
とても不思議な空気感を持っていて インタビューも独特の緩急があって
おもしろかった
結果 特に深い話はしていないが 浅くもなく おそらく飯田さんのバランス
感覚がミュージシャンズトークになり過ぎないようにしてたのかなとも
思いつつ 良い記事になりそうな予感
(ついつい僕はエグみのあること言いたくなるので、、、)

OTOTOYでは今「 ten pura」が無料でダウンロード出来るのと
隠れ名曲?「academic」が限定配信されてるので 是非 チェックしてみて!!!
http://ototoy.jp/_/default/p/54770


その夜はトキロックがsajjanuの大竹君と呑んでるとこに途中参加 
マヒルノの頃から遠からず お互い近寄らずの存在ではあったが
ちゃんと話したのは初めてのことで
彼は間違いなく 世界でやるべき男で 話していて楽しい
知性ある変態 万歳!

今週はSkreamのインタビューに 初めての媒体ということも
あってSkreamの先月号 先々月号の記事に目を通して こっちから
ライターさんを指名し その他にも少々わがままなお願いをした
こっちとしてもそれなりのお金もかかってる事でもあるし
知らない人に届けるにあたってふわっとした記事では困るし
お互いやれるだけのことはやらないと読み手に対しても失礼である
と思っての事だったが 実際やってみて指名したライターの石角さん
は素晴らしかった というより僕が少し媒体関係者やライターさんに
不信感を持ち過ぎていただけかもしれない
そのアーティストに興味があろうがなかろうが仕事として
インタビューし記事はかけるもんで それ故に体重の
のっかってないなあと思う記事もやはりあるわけで
顔を合わせて インタビューされるまではドキドキである
結果 そんな不安も他所に とても楽しい時間を過ごせたし
何より石角さんの雰囲気がとても好きだ 時間許せば
呑みに行きたいと思うほどである とにかく
OTOTOYもSkreamも違った確度からのインタビューになった
と思うので楽しみにしていて欲しい 






posted by ギガディラン at 19:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

お金は回る はず

僕の古いMacBookは時代に取り残されたまま 
体も動くし頭も良くないなりに働いていたが
いよいよもって時代に見放されたので
思い立ってMacBook Proを買った 
音楽やるならメモリを16Gにしといた方がいいよ 
ネットに書いてあったので そうした
apple careを迷った挙げ句つけたら なんだかんだの20万越え
僕の口座は空っぽに 

また バンドの方も海外ツアーの時のクレジット引き落としと
OQUZ関連の出費で(現在、J-LOPの助成金が下りるのを待ってる状態ではあるが)
バンドの口座も空っぽに

実は僕はあるときから 節約的なことをやめた かといって浪費しまくるというわけでもなく
自分の身丈にあう生活の中で 流れに任せていると 案外 お金に困る事無くなり
やがて 使うという感覚からお金っていうのは回すものだっていう感覚に変わってきたのである
僕がライブハウスで落とすビール代はちゃんと僕の元にまた回ってくるのである 
そう思ってると不思議とそうなっていくのである
人は思ってる方向へちゃんと足させ向けていれば 1歩1歩自分のこうありたいになんとなく
近づいていくものであると 僕は思うし 実感している

それにしても今回 僕にしては少々高い買い物であったので感覚的に
OQUZ売れなければキツいなあ である
どうか 皆さんのお金を回してください 必ずそのお金はみなさんの元にまた回ってきますから
ってなんか怪しい投資系の会社の宣伝文句みたいだ 
まあ 怪しいバンドであることに違いはないので、、、
http://shop.mothercoat.com/ 
よろしくお願いします

それはともかく 新しいMacでiPhoneとiTunesの同期が出来るようになるので何かと助かるし
これを期にクラウドとかも使いこなせるようになっちゃおうかなと
logicとかも始めちゃおうかなと
僕も時代に見放されないよう 頑張らなくては 

posted by ギガディラン at 12:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

アイデアの破片を持ちより

OQUZのプロジェクトはまだ始まったばかりで、今年いっぱいは
事あるたびにOQUZについてのアップデート情報を飛ばす事になると
思うので お付き合い願いたい



3年振りのアルバム みんな楽しんでくれてるといいなと
時折、twitterなどで呟いてくれてるのを見て喜んだり
もっと多くの人に届けに行かなければと思ったり(その割に変な販売スタイルで
困惑させてますが、、、)

バンドはOQUZにまつわる作業で言葉尻が粗くなったり
何かに常に追われていたりで悪い空気が流れたりする事が
多かった7月であった
そんな中でもカナダツアー凱旋イベントは楽しかったし、
素敵な仲間が出来て良かった

8月は凡人スタジオで皆のアイデアの破片を持ちより
その出口を探る作業に集中する為 ツアーを数本しか入れなかった
フクノスケが入ってからの1年半 とにかく地に足がついてるのかついてないのか
千鳥足気味に乗り切ってきた部分も多々あり
ここらで ちゃんとバンドであることを再確認し 音楽を作る事に
夢中になりたいと僕個人は思っていて 多分カオスになるであろう
真夏のセッションをとても楽しみにしている

その為に面倒でやってこなかった幾つかのことを
学習しなくてはならなくて とりあえずいろんな機材の
説明書をパラパラめくることから始めている

僕は何故か気軽に音楽が出来ない
いつだって気が重いし 重くないと楽しめない節がある

やっかいな性格だなと思うが 結局 何も成し遂げてないという感覚が
僕をそうさせるのであろう

OQUZを聴きながら 悪くないなと思う
素晴らしいものかどうかは他人が決めること
いろんな反応を謙虚に受け止め
また次の傲慢な作品に繋げようと思う

明日は新宿JAMで乾杯出来ればいいね
アトランタで出会った友達が今、ドキュメンタリーの撮影しに
日本に来てて その一環で明日 ライブ撮影に来るらしく
再会が楽しみ




posted by ギガディラン at 01:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする