2015年09月23日

乳首の方で

今日の夕方
病院の休憩室でトキロックに”fake a fake"のMVを見せた
トキロックは一瞬 車椅子から立ち上がりそうになり ハッとなって
「立てないけど スタディングオベーションだ」と言った
そしてその思いを監督に伝えて欲しいと言った
僕は「乳首の方でスタディングオベーション」してると伝えておくよと言ったら
笑いながら そんなこと言ってない"立てないけどスタンディングオベーションだ"と
真剣に言った

京都の美才 篠田監督が素晴らしい作品を作ってくれた
いや くれたじゃないね 作っただね  
mothercoatにとっても新鮮であり 僕にとっても新鮮な作品である
"fake a fake"という曲を良い意味で裏切ってくれた
僕はとても気に入っている みんなにとってもそうであったらいいなと
ドキドキしています

とりあえず 見てみて



あと "GOHUM"の歌詞ブックレットpdfを公式webの方でダウンロード出来るようにしたので
もし、あそこ何て歌っているのか気になってた人いたら 驚くもよし がっかりするもよし 
是非、見てみてくださいな http://shop.mothercoat.com/42


昨晩 4人でミーティング 一難去らず また一難 これぞmothercoatなのかと
今のうちに心も体もオーバーホール 
posted by ギガディラン at 23:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

a month

あの日以来 家のベランダに鳩が来なくなった
3日後くらいだったか 怪我をして飛べない鳩が家の周りを歩いていた
単なる偶然か この鳩と話せたら何かわかるかもなと思ったりした

思いがけないことは起こるものである
僕にとっては嘘のようなことが あなたにとっては
本当のことであっても もはや僕は驚かなくなった
僕にとってだとか あなたにとってだとかが
何の役にも立たない世界が人の心の中にはあるということ

多くのことは笑って楽しくやればいい
いつだってそれが僕の最優先事項である
ほんの少し世界とあなたと自分を見つめなおす時間をとろう
世界もあなたも僕も疲れきってしまうこともあるのだから

霞んだ視界にボタンをかけて
あなたを待つよ 夢の続きで
posted by ギガディラン at 23:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

宝を探しあてれば自然とムードは良くなる

昨日は午前中雑草を抜き 畑を耕し 石灰と肥料を撒いて 秋冬の野菜に備えた
このタイミングを逃すと全部おざなりになりそうだったので良かった
みんな お疲れさん ギガ満足です

昼食後 スタジオにていくつかの新曲のセッションを 16小節に何時間も費やす
宝探しのような作業 僕も日増しに遠慮がなくなっていく ムードメークが大事だと
思ってた時期もあったが 最大のムードメークは結局のところ宝を探し当てることだ
昨日はいくつかの宝を探し当てた事で(後日落ち着いて鑑定してなくてはいけないが)
セッション後は僕もフクもジュンペイもご機嫌で
あった ジュンは少し疲れたかもしれない ドラマーは作ってる時は損な役回りかも
しれないが 出来てからは得な役回りとなるかもしれない 何せmothercoatのビートは
カッコいいからね

気分が良かったので夕食は僕が勝手に買い出しに行って焼き肉にした 
閉店間際のコープさんで半額になっている牛肉と奇跡のラム肉を買い占める
フクの提案で韓国式の乾杯をして久々にワイワイとした食事となった 

そんな中 先日のOTOTOYのインタビューが掲載開始された
多くの人に読んでもらえたらいいなと思います 
ちゃんと話せたとこもあれば
簡潔に話そうとしたり 上手く話そうとして失敗してるとこもあるなと
今 読めばいろいろ見えてきたりもしますが それはそれでいいなと

写真はちょうどトキロックが前日のアーティスト写真撮影で足をくじいて
近代的杖をついていったら それいいねってなって シュールな絵が撮れたね
是非 チェックしてみて下さい
http://ototoy.jp/feature/2015081903


posted by ギガディラン at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

インタビューズ

レコードプレーヤーを手に入れてから
ハマるというほどでもないが レコードをかけるのが心地良い

IMG_2693.JPG

先週はOTOTOYのインタビューがあった
編集長 飯田さんとトキロックと僕と話すこと1時間半くらい
飯田さんとは同い年でもあることもあり 近い感覚があるように思うが
とても不思議な空気感を持っていて インタビューも独特の緩急があって
おもしろかった
結果 特に深い話はしていないが 浅くもなく おそらく飯田さんのバランス
感覚がミュージシャンズトークになり過ぎないようにしてたのかなとも
思いつつ 良い記事になりそうな予感
(ついつい僕はエグみのあること言いたくなるので、、、)

OTOTOYでは今「 ten pura」が無料でダウンロード出来るのと
隠れ名曲?「academic」が限定配信されてるので 是非 チェックしてみて!!!
http://ototoy.jp/_/default/p/54770


その夜はトキロックがsajjanuの大竹君と呑んでるとこに途中参加 
マヒルノの頃から遠からず お互い近寄らずの存在ではあったが
ちゃんと話したのは初めてのことで
彼は間違いなく 世界でやるべき男で 話していて楽しい
知性ある変態 万歳!

今週はSkreamのインタビューに 初めての媒体ということも
あってSkreamの先月号 先々月号の記事に目を通して こっちから
ライターさんを指名し その他にも少々わがままなお願いをした
こっちとしてもそれなりのお金もかかってる事でもあるし
知らない人に届けるにあたってふわっとした記事では困るし
お互いやれるだけのことはやらないと読み手に対しても失礼である
と思っての事だったが 実際やってみて指名したライターの石角さん
は素晴らしかった というより僕が少し媒体関係者やライターさんに
不信感を持ち過ぎていただけかもしれない
そのアーティストに興味があろうがなかろうが仕事として
インタビューし記事はかけるもんで それ故に体重の
のっかってないなあと思う記事もやはりあるわけで
顔を合わせて インタビューされるまではドキドキである
結果 そんな不安も他所に とても楽しい時間を過ごせたし
何より石角さんの雰囲気がとても好きだ 時間許せば
呑みに行きたいと思うほどである とにかく
OTOTOYもSkreamも違った確度からのインタビューになった
と思うので楽しみにしていて欲しい 






posted by ギガディラン at 19:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

お金は回る はず

僕の古いMacBookは時代に取り残されたまま 
体も動くし頭も良くないなりに働いていたが
いよいよもって時代に見放されたので
思い立ってMacBook Proを買った 
音楽やるならメモリを16Gにしといた方がいいよ 
ネットに書いてあったので そうした
apple careを迷った挙げ句つけたら なんだかんだの20万越え
僕の口座は空っぽに 

また バンドの方も海外ツアーの時のクレジット引き落としと
OQUZ関連の出費で(現在、J-LOPの助成金が下りるのを待ってる状態ではあるが)
バンドの口座も空っぽに

実は僕はあるときから 節約的なことをやめた かといって浪費しまくるというわけでもなく
自分の身丈にあう生活の中で 流れに任せていると 案外 お金に困る事無くなり
やがて 使うという感覚からお金っていうのは回すものだっていう感覚に変わってきたのである
僕がライブハウスで落とすビール代はちゃんと僕の元にまた回ってくるのである 
そう思ってると不思議とそうなっていくのである
人は思ってる方向へちゃんと足させ向けていれば 1歩1歩自分のこうありたいになんとなく
近づいていくものであると 僕は思うし 実感している

それにしても今回 僕にしては少々高い買い物であったので感覚的に
OQUZ売れなければキツいなあ である
どうか 皆さんのお金を回してください 必ずそのお金はみなさんの元にまた回ってきますから
ってなんか怪しい投資系の会社の宣伝文句みたいだ 
まあ 怪しいバンドであることに違いはないので、、、
http://shop.mothercoat.com/ 
よろしくお願いします

それはともかく 新しいMacでiPhoneとiTunesの同期が出来るようになるので何かと助かるし
これを期にクラウドとかも使いこなせるようになっちゃおうかなと
logicとかも始めちゃおうかなと
僕も時代に見放されないよう 頑張らなくては 

posted by ギガディラン at 12:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

アイデアの破片を持ちより

OQUZのプロジェクトはまだ始まったばかりで、今年いっぱいは
事あるたびにOQUZについてのアップデート情報を飛ばす事になると
思うので お付き合い願いたい



3年振りのアルバム みんな楽しんでくれてるといいなと
時折、twitterなどで呟いてくれてるのを見て喜んだり
もっと多くの人に届けに行かなければと思ったり(その割に変な販売スタイルで
困惑させてますが、、、)

バンドはOQUZにまつわる作業で言葉尻が粗くなったり
何かに常に追われていたりで悪い空気が流れたりする事が
多かった7月であった
そんな中でもカナダツアー凱旋イベントは楽しかったし、
素敵な仲間が出来て良かった

8月は凡人スタジオで皆のアイデアの破片を持ちより
その出口を探る作業に集中する為 ツアーを数本しか入れなかった
フクノスケが入ってからの1年半 とにかく地に足がついてるのかついてないのか
千鳥足気味に乗り切ってきた部分も多々あり
ここらで ちゃんとバンドであることを再確認し 音楽を作る事に
夢中になりたいと僕個人は思っていて 多分カオスになるであろう
真夏のセッションをとても楽しみにしている

その為に面倒でやってこなかった幾つかのことを
学習しなくてはならなくて とりあえずいろんな機材の
説明書をパラパラめくることから始めている

僕は何故か気軽に音楽が出来ない
いつだって気が重いし 重くないと楽しめない節がある

やっかいな性格だなと思うが 結局 何も成し遂げてないという感覚が
僕をそうさせるのであろう

OQUZを聴きながら 悪くないなと思う
素晴らしいものかどうかは他人が決めること
いろんな反応を謙虚に受け止め
また次の傲慢な作品に繋げようと思う

明日は新宿JAMで乾杯出来ればいいね
アトランタで出会った友達が今、ドキュメンタリーの撮影しに
日本に来てて その一環で明日 ライブ撮影に来るらしく
再会が楽しみ




posted by ギガディラン at 01:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

できるけど しない

誰かに手伝って貰いたかったり
助けて貰いたかったり そんな思いが
ないわけではないが
ついつい 忙しいかな とか そんなお金になるわけじゃないしなとか
考えてしまって
とりあえず事の発端は自分たちだけでやることに毎度なる
それでもそのたびに手伝ってくれる人が現れ
結果 いろんな人に助けられ 活動が
続けられている

それで十分という僕もいるし
もっと認められたいという
自分もいる その心の揺れが
僕のグルーヴとなる

僕が新譜の発売で浮かれてる
時に日本は戦争を出来る国に
なったらしい

批判的な見出しや意見がSNSでも飛び交っている
(その事を批判する気はないけど肯定的な見出しってほとんど
見ないのも気持ち悪かったりする 可決されるって事は
賛成してる人もいるはずなのに)

できるけど しないっていうのも
カッコいいんじゃないか

できるけど しないっていう
見本になるのもいいじゃないか

日本国民の大多数が戦争を望んでないのなら
容易いことだろう

台風が来ている
女の子はなるべくスカートで

僕が望んでいるから






posted by ギガディラン at 23:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

しあわせがピンとやってくる

発売された いつも通り 予定より遅れて
深谷は今34℃ 風も吹いているから
心地良い汗を掻きながら たまに奇声を発しながら
皆 コツコツと作業をしている

ピンという音がして注文のメールが届くたびに幸せを感じる

さてさて ツアーに向けてのリハーサルをしなくては
メインのギターが ネコフェスの時 壊れてることに
気付いてね 違うギターでやらないとです

◆07/18(土)
@ 京都 GROWLY(京都)
Gステ
open/start/act: 15:30/16:00/21:20
adv/door: \1800/2300(+1drink)
bands: ふつうのしあわせ, e;in ,
ベランダ, レゴカメレオン,
アノ ランペ, sewi, schiff, kaiware

◆07/19(日)
@ 十三 FANDANGO(大阪)
バンド使って感情表現 その二
open/start/act: 17:30/18:00/18:45
adv/door: ¥2300/2800+1drink
bands: 響心SoundsorChestrA,
ミソッカス, 密会と耳鳴り, 沢田ナオヤ

◆07/20(月)
@ 新代田 FEVER(東京)
Next Music from TOKYO vol.7"
tour final in Tokyo!
open/start/act: 17:00/17:30/20:50
adv/door: ¥2000/2500+1drink
bands: オワリカラ, PENs+,
otori, ATLANTIS AIRPORT, 午前3時と退屈(O.A.)

取置きは http://www.mothercoat.com/ja/tour/upcoming から
posted by ギガディラン at 16:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

いよいよ明日"OQUZ"発売開始

アルバムが発売される 3年ぶりに
ツアーをまわるたびに次はアルバム持って来るからと
言い続けて約2年 出す出す詐欺にもようやく終止符が打てそうだ

image.jpg

今回 もっとも時間がかかったのはレコーディングとミックス作業で
ある いろんな録り方を試し あーでもない こーでもないと
やってるうちにどんな音が録りたいかもブレてくるという
危うい時期があったり 機材を買い足した故に 録り直したり
気分が乗らないと良いものは録れないという 自分の気分待ちに
あまりに寛容になり過ぎたりetc...
あと 今回本来サウンドマスターであるべくジュンペイさんの調子が
悪くて(僕が追い込んでしまった部分もないとも言えないが)
所謂スランプ状態であったと僕は思っているのだが
その結果 ジュンペイがレコーディング ミックスしたのは1曲しかなく
それはジュンペイにとって不本意(前作Allergiesも彼にとっては不本意で
あったが)なことであると思うし僕にとっても不本意である
故に今のところ制作において(ライブにおいては満足している部分もある)
はメンバーにエンジニアがいるという最大の利点を生かし切れてない
ので次に期待である
発売前日のめでたい時期にこんな事を
赤裸々に書いてしまう自分もどうかしてるなと思いながらも
お待たせしてしまった理由を真摯に述べることで
この詐欺まがいの集団を許して頂きたいなと 甘いか?
音としての最後の砦 マスタリングは前から気になっていた
設立日が僕の誕生日と一緒でもあるM's masteringで滝瀬さん
にやって頂きました それもアナログテープに一度録音してから
それをマスタリングするというやり方で(この事については後日
ちゃんと書こうと思う) 結果 全体に温かみのあるサウンドになり
とても満足している
そしてそれらを経ながらの
タイトル 販売形式 販売方法 価格 送り方等々、、、、、、
会議のたび 議論は長引き 実際そこそんなこだわりいる?という
ようなところや 時に感情が本質の邪魔をして全然違う議論が
巻き起こったり 大通りも横道も渋滞に渋滞を重ねての
今日であります

CDを出す出さないも色々議論しましたが
とりあえずコンパクトディスクがもはや
コンパクトでも何でもなくなってしまったし
ディランが言うように

ふと気づけば何もかも変わりゆくことこそ真理
それならば今日の先頭は明日のびりっかす
とにかく時代は変わりつつあるのだから (時代は変わるより)

僕の根底にはその感覚があり
早いとか遅いとかなどに捉われず
今の自分たちの旬の出し方でやることが一番だなと
こうなりました

image.jpg

image.jpg

詳しい販売形式については
こちらをhttp://www.mothercoat.com/ja/news/1878

レコードプレーヤーがない方はジャケットをお部屋のお洒落ポイントに
飾っておきましょう

Tシャツは着て 汚れたら洗濯して また着ましょう
街で着てる人を見たら ちょっとした同志感を感じましょう

ハイレゾ96k24bitに関してはお好みでどうぞ
44.1k16bitでは感じれない空間を感じれるかもしれません

パソコンがあればそのままCDクオリティー(44.1k16bit)を
CDーRに焼けばいいだけなので もしいつもCDプレーヤーで
聴いてるって人はその一手間を愛おしく思いましょう

スマートフォンの方は44.1k16bitサイズの方はストレスなくダウンロード
出来るかと思います お好みのアプリで聴きましょう

パソコンもスマートフォンもないという方
giga@mothercoat.comまでメール下さい
独自方法で対処します

メンバーが入れ代わるたび ガタガタになりもしますが
這い上がって来るのがmothercoatだなと ある種 最強バンドだなと

兎にも角にもフクノスケにとっては正真正銘の1stアルバムであり
我ながら傑作が出来たと自負しております
これ聴かずして未年を終えることは不可能に近いとさえ思えてます

どうか 皆さんの口を使って 間接キス的なドキドキ感で
"OQUZ"を広めていって貰えれば羊とてうれションするでしょう
どうか3年ぶりのニューアルバム楽しんじゃってください
よろしくお願いします!!!

明日から公式通販で買えます
"GOHUM"(10 tracks data)のみはband campで発売開始です
iTunes等々は しばしお待ちを
今週末から始まるツアーにも勿論持って行くので
幸運な京都 大阪 東京の皆さんは足を運ぶべきであります
お待ちしてますよ 僕はいつでも




posted by ギガディラン at 21:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

バンクーバーにて大団円

バンクーバー1日目
朝早くにバンクーバーに向け出発
もちろん昨晩の宴の功罪と共に
時間ギリギリにも関わらずトキロックが
チェックアウトの際 フロントの黒人さんと
トキという名前から北斗の拳の話で盛り上がり
バス停に来ず スティーブの怒りを垣間見る事に成功

寝てたのであっという間にバンクーバー
前回は空港から電車で市街地まで向かったのだが
今回はタクシー スティーブこんな事してたら
お金がいくらあっても足りないよ むしろ
このタクシー代を飯だいに回して貰えた方が
嬉しいよと貧乏性の僕あたりは思ったりする

そしてチェックインの時間より早く着いたので
安いピザを食べに行きロビーで休む
3PM頃にチェックイン ベッドでゴロツキ
5PMにスティーブが予約していたレストランに
ここでワインを飲みながらバンクーバーの海の幸をありがたく頂く
その後 船に乗り夕暮れを観に行こうとするも
曇りでイマイチな上 クルージング的なものをイメージしていた
船がまさかのこっち岸からあっち岸に渡るだけという(5分くらい)
勉強をする 向こう岸に着いた時に発せられたスティーブの本気の「マジか!?」
を聞けた事で夕暮れ散歩組は大満足
皆で海岸沿いを散歩し幸福感に浸る(空は曇っているが、、、)

image.jpg

image.jpg

image.jpg


ブライアンがスティーブの実家の車で迎えに来てホテルに戻る
その車がTOYOTAの古いクレスタで 僕も実家もクレスタだったので
ノスタルジーに浸る

ホテルにて昼夜逆転気味で夜 眠れず 散歩してみたりしてる
内に朝が来て 半ば強引に眠る

バンクーバー2日目
昼過ぎ まだ眠い 車で今夜の箱Biltmoreへ
リハは苦戦するも差し入れの寿司を頬張りご機嫌に
イベントスタート Atlantis airport ソネちゃんのサングラススタイル
可愛い 最後の曲で客席へダイブ!
日本では見れないようなAtlantis airportのライブだったんじゃないだろうか
そして 愛くるしさ満点のPens+ この数日で随分たくましくなったんじゃないか
と思うような堂々としたエモーション 美しいぞ
otoriの受け入れられ方はこのツアー 半端なかった そもそもotoriを
待ってた人達も沢山いて 皆 踊る踊る 当の本人達は毎回ブレないライブ
をやっている事もまた魅力的であった otoriの曲の頭に染み付き度は
白いシャツにこぼした赤ワインのようだ

そして僕らはカナダツアー最終日に相応しいライブを出来たのではないだろうか
物販も大繁盛で何よりであった そしてオワリカラがデザートみたいな
ライブをするわけもなく 僕らが魚のメインディッシュを出した後に
脂が乗り切ったサーロインを出してきたみたいなライブでお腹をいっぱい腹12分目
あんなはしゃいでるヒョウリもまた最近は日本では見れないんじゃないだろうか

そんな最高の最終日を終え 近くの家でホームパーティ
家の中のスタジオでは皆んな入り乱れてのセッション大会
スティーブともいい話が出来たし僕らは明日のNYに向かう事もあり
一足お先にお別れを

5年前にスティーブ タナカという得体の知れない男が
趣味をこじらせて始めたNextMusicFromTokyoも7回目を迎え
僕らは1回目を経験しているから イベントの成長を体感出来たし
その成長ぷりに感動すら覚えた
話を聞く限りは 色々大変な事もあったようだが
スティーブ自身も今回は凄い楽しめたようで(何回あの巨体が
ダイブしたことか、、、)
今までで1番楽しかったと本当か嘘か(スティーブは嘘をつけないタイプで
すぐ顔や態度に出るから本当だと信じてる)言っていて
その事が1番嬉しかったりしている
そして何より感謝感謝である スティーブ様様である
それに賛同したボランティアスタッフのみんなにも感謝である
来てくれたお客さんにももちろん感謝である
次は自力でカナダツアーに行くのでその時に
また会いましょう!!

そんなNMFTの凱旋イベントを7月20日海の日にやります
もちろんスティーブもカナダからやってきます
最後 日本でNMFT vol.7 の有終の美を飾れるよう
普段協力し合わないようなバンドマン達が力を合わせてることもあり
特別な夜になると思ってるので是非 時間許す限り遊び来て欲しいなと
思ってます!!!

もしカナダツアーなどの興味あるようなバンドマンが
いたらスティーブに会いに来るのもいいでしょう
(勿論スティーブが観て魅力を感じないと呼んでは貰えないが)

"NextMusicFromTokyo vol.7 final"
7/20(祝)新代田FEVER
op:17:00 adv:2000+1D

otori
ATLANTIS AIRPORT
PENs+
オワリカラ
OA:午前3時と退屈

全部観てもらいたいが 僕らは最後の20時45分からです
チケット取り置きはhttp://www.mothercoat.com/ja/ticket?event=1780 まで
よろしくお願いしますー!

そしてPens+のリョウ アライ デザインの全員があしらわれた
素敵なTシャツが限定発売されます。
これはかなりレアTになると思うよ〜

image.jpg



posted by ギガディラン at 16:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | ツアー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする